オッサンの競馬予想(ヴィクトリアマイル 2020)



 5月10日のNHKマイルカップは、9番人気の11ラウダシオンが序盤から1番人気(更新時は2番人気)の3レシステンシアと共にレースを引っ張り、最後の直線でリードを奪いゴールしました。2着は惜しくも競り負けた3レシステンシアとなり、3着には前の2頭を追走していた6番人気6ギルデッドミラーが入りました。11ラウダシオンに関しては、ひょっとしてという感じは有りましたが、印を付ける所迄はなりませんでした。仮にチェックをしていても、本命、対抗に挙げていた、◎17サトノインプレッサ〇14ルフトシュトロームが馬群に沈んでしまっては、どうしようもありません。結局は軸馬が期待通りの走りをしなかったという感じです。



 5月17日はヴィクトリアマイルです。
 ヴィクトリアマイルは従来、牝馬を早期に引退させて子供を産ますべきと考えられており、古馬牝馬の目標となるレースが長らく有りませんでしたが、秋のエリザベス女王杯が1996年から3歳以上牝馬のGⅠ競争となり、10年後、古馬牝馬の春のチャンピオンレースとして2006年にヴィクトリアマイルとして創設されました。
 その、ヴィクトリアマイルは5月17日に東京競馬場で行われます。
 過去の傾向と対策です。
 人気別の成績です。
  • 1番人気 1着 3回 2着 4回 3着 0回 
  • 2番人気 1着 2回 2着 0回 3着 1回 
  • 3番人気 1着 0回 2着 2回 3着 2回 
  • 4番人気 1着 1回 2着 1回 3着 2回 
  • 5番人気 1着 3回 2着 1回 3着 1回 
  • 6番人気 1着 1回 2着 0回 3着 1回 
  • 7番人気 1着 1回 2着 1回 3着 3回 
 1番人気の信頼度は勝率が21%とかなり低く、馬券率でも50%となっています。2桁人気でもかなりの確率で馬券に絡んでいますので、難解なレースと言えるでしょう。
 前走成績でも、2桁着順の馬が勝ったり、連に絡んだりしています。牡馬との対戦の場合も有りますので前走惨敗しても一概に言えないかもしれません。
 前走レースでは、サンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークス(GII)読売マイラーズカップ(GII)ローレル競馬場賞中山牝馬ステークス(GIII)からの出走が複数回勝っています。
 馬齢的には、4歳馬と5歳馬が中心となります。



 さて、予想です。
 人気上位馬から。
  • 1番人気 12 アーモンドアイ
  • 2番人気 1 ラヴズオンリーユー
  • 3番人気 18 サウンドキアラ
  • 4番人気 5 プリモシーン
  • 5番人気 14 スカーレットカラー
  • 6番人気 16 ノームコア
  • 7番人気 7 ダノンファンタジー
 1番人気は12アーモンドアイです。力的にも、実績から行っても1番人気は揺ぎ無いでしょう。前走が有馬記念9着と言う成績ですが、ヴィクトリアマイルは前走2桁着順でも勝ち馬が出ていますので、殆ど関係ないのか?と思います。間隔が空き過ぎているのが不安材料ですが、GⅠしか走らない馬ですので、心配は無いでしょう。
 2番人気の1ラヴズオンリーユーは、ここ迄5戦4勝、3着1回と言う戦績で、去年のオークス馬です。前走がエリザベス女王杯(GI)3着ですので、こちらも間隔が不安材料となります。
 3番人気が18サウンドキアラ、阪神牝馬ステークス(GII)を勝っての出走です。今年に入って重賞3連勝しています。勢いは有るかも知れません。
 4番人気5プリモシーンですが、ダービー卿チャレンジトロフィー(GIII)5着からの出走です。
 5番人気は14スカーレットカラー、阪神牝馬ステークス(GII)2着馬です。
 6番人気の16ノームコアは去年のヴィクトリアマイル覇者です。前走高松宮記念(GI)15着と言うのが不安です。
 7番人気が7ダノンファンタジーもGⅠ馬です。力的にも、実績から考えても、7番人気に甘んじる馬ではないと思うのですが…
 買い目は、◎12アーモンドアイ〇1ラヴズオンリーユー▲18サウンドキアラ△7ダノンファンタジー、16ノームコアとしました。勝ち馬は◎12アーモンドアイ〇1ラヴズオンリーユー▲18サウンドキアラの中から出るのではないか?と思います。これに下位にからどの馬が絡んでくるのか?が問題となるでしょう。



オッサンの競馬予想(NHKマイルカップ 2020)



 5月3日の天皇賞は1番人気14フィエールマンが最後の直線で、11番人気6スティッフェリオとのデッドヒートを制し鼻差でゴールしました。2着は、最後の直線で真ん中から一旦は先頭に立った、まさかの11番人気スティッフェリオが入りました。3着には、終盤14フィエールマンを追走した4番人気5ミッキースワローが入りました。
 対抗に挙げていた2番人気7ユーキャンスマイルも最後、内からスパートしたのですが途中で失速4着に終わり、▲印の7番人気(更新時は6番人気)3トーセンカンビーナも最後方から追い上げを見せましたが伸びずに5着となりました。結局4枠の2頭に邪魔をされた形になってしまいました。



 5月10日はNHKマイルカップです。
 NHKマイルカップは、創設当時はNHK杯と言いダービーのトライアルレースとして行われましたが、NHKマイルカップとなりクラッシックに出走できない外国産馬や、短距離適性の有る馬の目的となるレースとして生まれ変わりました。とは言え此処からダービーを制した馬もいます。
 そのNHKマイルカップは5月10日に東京競馬場で、行われます。
 過去の傾向と対策です。
 人気別の成績です。
  • 1番人気 1着 10回 2着 1回 3着 2回 
  • 2番人気 1着 4回 2着 6回 3着 1回 
  • 3番人気 1着 2回 2着 2回 3着 3回 
  • 4番人気 1着 2回 2着 2回 3着 2回 
  • 5番人気 1着 0回 2着 5回 3着 1回 
  • 6番人気 1着 2回 2着 2回 3着 3回 
  • 7番人気 1着 0回 2着 0回 3着 2回 
  • 8番人気 1着 0回 2着 0回 3着 1回 
  • 9番人気 1着 1回 2着 1回 3着 1回
  • 10番人気 1着 2回 2着 1回 3着 0回 
 1番人気の信頼度は勝率42%と高いのですが、2着、3着に入る確率がそんなに高く有りません。極端に言えば1着固定で1着を逃せば当てにならない感じです。勝ち馬の内2度10番人気が来ています。その辺り迄1着の可能性があるという事です。
 コース的には、24回しか行われていませんので、勝ち鞍の無いコースでも未だ分からないという感じです。
 前走成績でも、下位に沈んだ馬が馬券に絡んで来たりと、的中させるのはなかなか難解なレースとなっています。
 前走レースでは、ニュージーランドトロフィー(GII)組が9勝、毎日杯(GIII)組が6勝しています。更に桜花賞からも4勝、皐月賞からも2勝しています。



 さて、予想です。
 先ずは、人気上位馬から。
  • 1番人気 17 サトノインプレッサ
  • 2番人気 3 レシステンシア
  • 3番人気 2 タイセイビジョン
  • 4番人気 14 ルフトシュトローム
  • 5番人気 8 サクセッション
  • 6番人気 6 ギルデッドミラー
  • 7番人気 5 シャインガーネット
 1番人気は17サトノインプレッサ、新馬戦から3連勝毎日杯(GIII)を勝っての出走です。
 2番人気の3レシステンシアは桜花賞2着からオークスを回避してのNHKマイルです。
 3番人気が2タイセイビジョンです。連勝率100%でアーリントンカップ(GIII)を勝っての出走です。
 4番人気14ルフトシュトロームも3戦全勝で、ニュージーランドトロフィー(GII)に勝ってのNHKマイルです。
 5番人気は8サクセッション、5戦3勝3着1回、前走フジテレビ賞スプリングステークス(GII)3着で来ています。
 6番人気の6ギルデッドミラーはアーリントンカップ(GIII)2着からの参戦です。
 7番人気が5シャインガーネットです。4戦3勝中日スポーツ賞ファルコンステークス(GIII)1着からの出走です。
 買い目としては、◎17サトノインプレッサ〇14ルフトシュトローム▲2タイセイビジョン、3レシステンシア△5シャインガーネット、6ギルデッドミラーとなりました。2桁人気でも1着の可能性は高いのですが、そこまで考えているときりが有りませんので、結局上位人気で固まってしまいました、



オッサンの競馬予想(ヴィクトリアマイル 2019)

 先週のNHKマイルカップは2番人気の17アドマイヤマーズが序盤に中段に位置取りをし、最後の直線で外から一気に捲り勝ちました。2着には17アドマイヤマーズに追走するように14番人気の18ケイデンスコールが続きます。3着には7番人気10カテドラルが入りました。やはり、NHKマイルカップは有れるレースですね。今回も3連単で41万馬券となりました。
 1番人気の7グランアレグリアは序盤から好位置をキープしていたのですが伸びきる事が出来ず、4着から進路妨害の為5着に降着しました。更に騎乗のC.ルメールは16日間の騎乗停止となりました。これにより、今後の予想に影響を及ぼすことになりそうです。
 5月12日は、ヴィクトリアマイルです。春に古牝馬のGⅠレースが無かった事から2006年に新設されたレースです。以前は優秀な牝馬は早く引退させ繁殖させるべきという考えでしたが、秋のエリザベス女王杯が3歳以上牝馬のGⅠとして行われるようになり、牝馬の競走馬としての寿命も延びた事からヴィクトリアマイルが生まれました。
 過去13回のレースで、3連単100万越えが2回、10万越えが3回、5万越えが4回と高額配当が高確率で出ています。逆に言えば的中させるのが難しいレースとも言えるでしょう。そのヴィクトリアマイルは5月12日東京競馬場で行われます。
 過去の傾向です。
 人気別の成績から。
  • 1番人気 1着 3回 2着 4回 3着 0回 
  • 2番人気 1着 2回 2着 0回 3着 Ⅰ回 
  • 3番人気 1着 0回 2着 2回 3着 2回 
  • 4番人気 1着 1回 2着 0回 3着 2回 
  • 5番人気 1着 2回 2着 1回 3着 1回 
  • 6番人気 1着 1回 2着 0回 3着 1回 
  • 7番人気 1着 1回 2着 1回 3着 3回 
 1番人気の信頼度は勝率25%とかなり低いものとなっています。2桁人気も2度勝っています。18番人気の馬も1度3着に入っていますが、これは稀なケースととらえて良いでしょう。今までのケースで云うと、12番人気迄で馬券を構成することになります。
 前走レースでは、サンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークス(GII)組がダントツの成績です。1着5回、2着6回、3着4回となっています。他には読売マイラーズカップ(GII)が2勝しています。サンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークス(GII)からの馬がポイントUPと見るのが良いのか?と思います。
 馬齢的には、勝ち馬は4歳5歳、馬券で6歳迄に絞ると少しは、投資額が減るでしょう。
 さて予想です。
 先ずは人気上位馬。
  • 1番人気 6 ラッキーライラック
  • 2番人気 9 プリモシーン
  • 3番人気 11 アエロリット
  • 4番人気 2 レッドオルガ
  • 5番人気 4 ノームコア
  • 6番人気 7 ミッキーチャーム
  • 7番人気 15 カンタービレ
 1番人気は6ラッキーライラックです。アーモンドアイの陰に隠れていますが、アーモンドアイが居なければクラシック3冠も夢ではなかった馬です。サンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークス(GII)は8着と惨敗しましたが、出走馬の中では№1のちからを持っています。
 2番人気9プリモシーンはダービー卿チャレンジトロフィー(GIII)で3番人気の2着牝馬の中ではトップの順位でした。
 3番人気が11アエロリット海外遠征後初のレースです。
 4番人気の2レッドオルガは最近1レース置きに馬券に絡んでいます。今回は馬券に絡む順番です。
 5番人気は4ノームコアです。ローレル競馬場賞中山牝馬ステークス(GIII)7着ながら1番人気でした。
 6番人気7ミッキーチャームはサンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークス(GII)の勝ち馬です。もっと人気を集めても良さそうだと思います。
 7番人気の15カンタービレ、2戦続けて掲示板を外しています。
 予想としては◎9プリモシーン○7ミッキーチャーム▲6ラッキーライラック△11アエロリット、2レッドオルガ、4ノームコアと言ったところです。◎9プリモシーン○7ミッキーチャーム▲6ラッキーライラックは前走成績や、実績で選びました。しかし△印の3頭は全て不安が残ります。◎9プリモシーン○7ミッキーチャーム▲6ラッキーライラックの中から軸を決め流すのが良いと思います。

オッサンの競馬予想(NHKマイルC 2019)

 先週の、天皇賞春は1番人気の10フィエールマンが6番人気7グローリーヴェイズとのデッドヒートを制して勝ちました。2着は7グローリーヴェイズで、3着が何と7歳馬8番人気(更新時7番人気)の8パフォーマプロミスが入りました。
 本命に挙げた2番人気2エタリオウは最後方からの競馬となりました。なかなか前には行かず終盤ようやく上がってきましたが最後8パフォーマプロミスとの叩き合いでかわされてしまいました。もう少し早く動いて居れば展開は違ったのか?と思いました。しかし8パフォーマプロミスを捉えた時はこれで3着には入ると思ったのですが、7歳馬にあそこで・・・という気持ちです。久しぶりに馬券を購入したのですが、大惨敗です。
 5月5日子供の日、NHKマイルカップです。
 このレースから、5週連続で東京競馬場のGⅠが開催されます。
 NHKマイルカップは、以前NHK杯称しダービーのトライアルレースとして行われていましたが、クラッシック競争に出走できない4歳馬(現3歳馬)にも目標となるGⅠを創設しようと考えられ、NHK杯がNHKマイルカップと生まれ変わりました。とは言えこのレースからもダービーが生まれています。
 そのNHKマイルカップは5月5日東京競馬場で行われます。
 過去の傾向です。
 人気別の成績です。
  • 1番人気 1着 10回 2着 1回 3着 2回 
  • 2番人気 1着 3回 2着 6回 3着 1回 
  • 3番人気 1着 2回 2着 2回 3着 3回 
  • 4番人気 1着 2回 2着 2回 3着 2回 
  • 5番人気 1着 0回 2着 5回 3着 1回 
  • 6番人気 1着 2回 2着 2回 3着 3回 
  • 7番人気 1着 0回 2着 0回 3着 1回 
  • 8番人気 1着 0回 2着 0回 3着 1回 
  • 9番人気 1着 1回 2着 1回 3着 Ⅰ回 
  • 10番人気 1着 2回 2着 1回 3着 0回 
 1番人気の信頼度は勝率43%とかなり高いのですが、2着1回3着2回と、勝てない場合馬券に絡む確率が下がってしまいます。となれば1番人気は1着固定でも良いのかも知れません。10番人気辺りまで勝つ可能性が有りますので、なかなか充てるのは難しいレースと言えるでしょう。3着となれば2桁人気でも8回入っています。
 コース別では、内、外を走る馬より真ん中のコースを走る馬が有利な様に思えます。
 前走成績でも、人気薄が多く馬券に絡むことから8着以内なら可能性が有ると考えなければなりません。
 前走レースでは、ニュージーランドトロフィー(GII)組が9勝、毎日杯(GIII)組が6勝、桜花賞(GI)組が4勝と、この3レースから勝ち馬の8割が出ています。2着になると、フジテレビ賞スプリングステークス(GII)までは広げなければなりません。3着は何処から出走する馬が入るか?考えない方が良いでしょう。
 絞り込むとすれば、前走重賞を走り、1600か1800で勝ち鞍が有る馬が良いのでは?と考えます。
 さて、予想です。
 人気上位馬から、
  • 1番人気 7 グランアレグリア
  • 2番人気 17 アドマイヤマーズ
  • 3番人気 3 ダノンチェイサー
  • 4番人気 15 ヴィッテルスバッハ
  • 5番人気 6 グルーヴィット
  • 6番人気 13 ファンタジスト
  • 7番人気 10 カテドラル
  • 8番人気 8 ヴァルディゼール
  • 9番人気 12 ワイドファラオ
  • 10番人気 14 ハッピーアワー
 1番人気は7グランアレグリア、桜花賞馬がまさかの出走です。しかし出走レース全てがマイル戦で3勝3着1回、鞍上もずっと乗っているC.ルメールです。不安材料はないと思います。
 2番人気が17アドマイヤマーズ皐月賞(GI)は4着でしたが、マイルでは、未だに負け知らず、です。鞍上もM.デムーロ。7グランアレグリアと共に2強といっても良いでしょう。
 3番人気の3ダノンチェイサーはきさらぎ賞(GIII)からの出走です。きさらぎ賞(GIII)からは未だ馬券に絡んでいませんが、距離適性は有ると思われます。
 4番人気15ヴィッテルスバッハはニュージーランドトロフィー(GII)組です。前走3着でしたが、距離適性は十分あります。
 5番人気は6グルーヴィットです。此処迄連対率10割ですが、マイル以上の距離を走った経験がありません。
 6番人気の13ファンタジストは皐月賞(GI)で13着と惨敗しましたが、フジテレビ賞スプリングステークス(GII)で2着に入っていますし、1400でも勝っています。
 7番人気が10カテドラル、アーリントンカップ(GIII)2着です。
 8番人気8ヴァルディゼールはアーリントンカップ(GIII)8着でしたがマイル戦は2勝しています。
 9番人気は12ワイドファラオも連対率10割です。しかもニュージーランドトロフィー(GII)1着です。何故、9番人気なのか?狙い目だと思います。
 10番人気の14ハッピーアワーは中日スポーツ賞ファルコンステークス(GIII)で勝っています。
 予想としては◎7グランアレグリア○17アドマイヤマーズ▲12ワイドファラオ△3ダノンチェイサー、15ヴィッテルスバッハ、8ヴァルディゼールといった感じです。1番人気7グランアレグリアを軸にするなら1着固定でも良いでしょう。また1着固定にしないのなら思い切って外すと投資額を抑えられて、高配当が期待できるかもしれません。