オッサンのブラリ一人旅(法道仙人の足跡を行く 長明寺)



 3月14日に東京、3月18日に熊谷と横浜でソメイヨシノが開花しました。此処から暫く、「オッサンのDreamJourney(昔の人はエライ!)」を更新できない時は以前にSeesaaブログで公開した桜スポットを紹介したいと思います。



 この記事は、2016年4月にSeesaaブログで公開したものです。



 駅桜の途中、長明寺に立ち寄りました。此処も桜の名所と言う事で立ち寄ったのですが…国道175号線板波橋交差点を東に入ったところにあります。
 参道を上ると、仁王門が出迎えます。いつも、仁王像の画像は暗かったり、障害物が在ったりでうまく撮れませんが、今回は結構きれいに撮れました。
 仁王門をくぐると、桜の向こうに参道が続きます。駐車場にも鮮やかな桜が仁王門の隣から車で奥の駐車場へ行くことが出来ます。
 参道沿いには別のお寺もあります。高野山真言宗の宝光寺です。
 平和の塔はビルマ(ミャンマー)から送られたそうです。
 長明寺は651年法道仙人によって開基されたとされます。本堂には十一面観音像、朱塗り撫仏が祀られています。この他の情報としては、源頼政ゆかりの寺としか分かりません。建立がいつ頃で。現在の所にはいつ頃からあるのかと言うよう様な情報がネットでも調べることが出来ませんでした。一応高野山真言宗のお寺の様です。
 長明寺に着きました。山門をくぐると、境内には桜が・・・
 本堂です、残念ながらご本尊は観ることは出来ませんでした。
 頼政公が歌った歌碑です。武将として有名だった頼政ですが、歌人としても有名で新古今和歌集にも歌が残っています。
 源頼政には鵺退治の伝説もあります。この伝説は平家物語にも記されています。
 鵺退治の様子をモニュメントにされていました。
 折角由緒あるお寺です。源頼政のゆかりの寺としての紹介だけでなく、長明寺自体の紹介をもっとするべきではないでしょうか?説明看板ももう少しあればいいのかな?と思います。但し、看板設置によって、有料にならないように願います。



 この他にも西脇市内には由緒あるお寺が在るようですが、あまり紹介されていません。お寺の名前だけであったり、紹介自体も極めて簡単だったりします。観光協会はもう少しアピールに力を入れても良いのではないでしょうか?



オッサンのブラリ一人旅(法道仙人の足跡を行く 青嶺山奥山寺)

 一乗寺の後、立ち寄ったのが青嶺山奥山寺です。
 奥山寺がある場所は、加西市の北東に位置します。丁度一乗寺の反対側に在るという訳です。
 参道の入り口には仁王門が有ります。しかし、格子が施されていて写真はおろか肉眼でも仁王像を見ることが出来ませんでした。 
 参道の途中まで車で行くことが出来ます。その突当りは急な石段が続きます。石段の横にはこんな石碑も。
 石段を登っていくと、途中に経蔵らしき建物が有ります、その隣のお堂は何なのか?看板も何もないので不明です。反対側の平地には地蔵堂らしきお堂が在りますが今にも朽ち果てそうなお堂です。
 お堂の周りには、多くの石仏が鎮座しています。
 残りの石段を登りきると本堂です。
 本堂まで来ても誰にも出会いません。人一人見かけません。寺務所らしき物も見当たりません。
 本堂の更に奥から老夫婦らしき方が下りてこられました。どうやら近所の方の様で、ウオーキングの為にここまで登ってこられたようです。声を掛けて御朱印は何処で頂けるのか?訪ねた所、下の地蔵院で頂けるとの事でした。しかし、この日はご住職が不在だった為頂く事が出来ませんでした。
 奥山寺は、勿論法道仙人の開基です。651年孝徳天皇の勅願で創建された高野山真言宗のお寺で、本尊は千手観世音菩薩です。
 創建以来、2度の火災に合いましたが、1607年再建され、1687年修理が行われました。現在の本堂はその時に建て替えられたそうです。
 本堂の周りには地蔵尊が建立されています。
 本堂の裏の石段を更に登ると多宝塔が建っています。
 この多宝塔は、比較的新しく江戸時代中期1709年に建てられたものです。内部には四天柱、來迎壁が有り、金剛界五仏が安置されています。
 多宝塔の隣にも石段が有りその先には、祠が有りますが何を祀っているのか?不明です。
 秋には紅葉の名所として知られる奥山寺だそうですが、紅葉の季節以外は閑散としているようです。折角の由緒あるお寺ですのでもう少し整備をし、せめて説明看板を増やし、お堂などがどのような物なのか?分かるようにしてほしかったです。貴重な文化財ですの管理される方にもう少し頑張って戴きたいと感じました。
 数少ない看板もこの様な有様です。
 帰りは石段の横の、 坂道を使い下山しました。車を停めている処まで戻ると梅が咲いています。近くに梅林でもあればとは思っていたのですが、何とか梅もカメラに収めることが出来ました。