オッサンのDream Journey(昔の人はエライ! 東海道五十三次 鞠子宿~府中宿)



 今回は府中宿へ向かいます。距離は一里半(約6.3Km)です。



 府中宿、西の入り口ですが、札ノ辻址辺りかと考えます。安倍川の会所跡とも考えましたが、安倍川橋を渡ってすぐな為札ノ辻を入り口と考えます。
 鞠子宿と府中宿の間には、安倍川橋、石部屋、安倍川義夫の碑、弥勒公園、札ノ辻址などの史跡が有ります。



 鞠子宿を出て、暫く行くと、安倍川に突き当たります。安倍川は大井川と同じように、人夫によって皮を渡る場所で、賃銭は川の深さで決められていたそうです。安倍川橋は大正時代、東海道に架けられました。
 安倍川橋を渡るとすぐに石部屋が有ります。安倍川餅と言うのはここの安倍川から来ているとの事です。この餅が家康に献上されたところ甚く気に入り、名付けたとされます。石部屋の側には安倍川義夫の碑が立っており、安倍川を自力で渡った紀州の漁夫が大金の入った財布を落とし、それを拾った人夫に礼をしようとしたが受け取らなかったそうで、後日奉行から報奨金が贈られたという言い伝えが残っています。
 近くには弥勒公園が有り、安倍川の会所跡の説明看板や由比正雪の墓碑などが有るとの事です。
 弥勒公園から暫く行くと、札ノ辻址に到着です。此処が西の入り口になる様です。



 府中宿は江戸から19番目の宿場であると同時に、徳川家康のお膝元で駿府城の城下町で、静岡市の中心部に当たります。明治時代に府中は不忠に通ずるとされ静岡に改名されたそうです。
 府中宿には、駿府城、西郷・山岡会見碑、上伝馬町本陣脇本陣跡、下伝馬町本陣脇跡、華陽院、が有ります。



 府中宿に入って直ぐに駿府城です。安土桃山時代駿河国を支配した徳川家康により築城され、江戸時代には駿府藩や駿府城代置かれていたとの事です。別名として、府中城、静岡城とも呼ばれていました。現代は都市公園「駿府城公園」として整備されています。
 駿府城の先には、西郷・山岡会見碑が立っています。碑だけですが、ここは、1868年西郷隆盛と山岡鉄舟が江戸城開城の下交渉を行った場所だそうです。
 会見碑を過ぎると上下伝馬町本陣脇本陣跡に差し掛かります。碑のみですが、この辺りは宿場だけでなく静岡市の中心地です。
 本陣跡を少し行くと、華陽院(けよういん)が有ります。家康の祖母の菩提寺で京都の知恩院の末寺です。元は真言宗知源院という名前でしたが、家康の祖母の法名が寺の名前になったそうです。境内には家康の五女市姫の墓も有るとの事です。華陽院の参道の入り口には久能山東照宮への分岐道標も立っています。
 華陽院を後にして、進むと国道1号と街道の交差点に差し掛かります。交差点には府中宿跡の碑か看板が有るとは思うのですが、妄想で旅している身では知る由も有りません。この辺りが東の入り口の様です。



 府中宿の美味いもんは、先ずは安倍川餅ですネ!石部屋でも買うことは出来ますが、他にも販売しているお店がある様です。もう一つが、静岡おでんです。肉系の出汁と濃口醬油で煮込み、ダシ粉や青のりをかけて食べるそうです。有名店の殆どが、府中宿のある葵区に集中しています。
 府中宿を後にすると、江尻宿になります。二里二十九丁(約11.7Km)の道のりです。



オッサンのDream Journey(昔の人はエライ! 東海道五十三次 岡部宿~鞠子宿)



 鞠子宿を目指し、一里二十九丁(約8.5Km)の道のりを行きます。



 鞠子宿、西の入り口となると、丸子川に架かる丸子橋の手前にある高札場辺りが西の入り口と思われます。
 岡部宿と鞠子宿の間には、西行笠懸松、十石坂観音堂、坂下地蔵堂、蔦の細道分岐点、宇津ノ谷峠、明治のトンネル、宇津ノ谷集落、高札場などの史跡が有ります。



 岡部宿を出て、直ぐ岡部川を渡った所に、西行笠懸松の説明看板が有ります。鎌倉時代初期の僧侶西行が、故あって破門した弟子の死を悼んだ場所だという事です。
 その先に、十石坂観音堂が有ります。江戸時代末期の建物の様で、入母屋造瓦葺建築で細かい彫刻が施されているそうです。2体の厨子が安置されているとの事で、1体は江戸中期、1体は江戸後期の作だそうです。
 暫く進むと、坂下地蔵堂に差し掛かります。建立年代などは不明ですが、元禄年間に再建されたらしく、霊験あらたかと信仰されそれを示す「鼻取地蔵」「稲刈地蔵」という2つの伝説が残っているとの事です。更に堂内には地蔵菩薩が安置され宇津ノ谷峠を越える旅人の安全を祈願していました。
 地蔵堂を過ぎると、蔦の細道と街道が分岐しています。平安時代から鎌倉時代に掛けて利用された道ですが、鎌倉幕府は部隊の行進が出来ない道を廃止し、宇津ノ谷峠に新しい道を作ったという事です。江戸時代には人や物資の往来が頻繁になったそうです。宇津ノ谷峠は伊勢物語や海道記などからも難所で有る事が伺えます。峠の頂上付近からは宇津ノ谷集落を一望できる場所があります。
 峠を降りてゆくと、集落の手前に明治のトンネルへ行く道が有ります。街道からは少し距離がある様ですが、峠が通行困難な為、明治時代に掘られたもので登録有形文化財だそうです。
 峠を降りると、宇津ノ谷集落です。岡部宿と鞠子宿の間に位置し往来する旅人が休憩をした所です。集落内には御羽織屋や慶龍寺もあります。
 御羽織屋には豊臣秀吉の陣羽織などが飾られ公開もされています。慶龍寺では、室町時代から数珠型の魔除け団子が伝わっており、現在でも地蔵盆の頃の縁日で配られるそうです。
 宇津ノ谷集落から暫く進んで、ようやく丸子橋に到着です。橋の手前に高札場が復元されているとの事で、橋を渡ると鞠子宿に入ります。



 鞠子宿は、江戸から20番目の宿場で丸子と書く事もあります。東海道で最も小さい宿場ですが、関ヶ原の翌年には宿場となっています。鞠子宿と言えば歌川広重が描いた浮世絵の丁子屋が有名で、とろろ汁を食べさせる店との事で、現在も営業をされているそうです。
 鞠子宿には、丁子屋、お七里役所、鞠子宿本陣、脇本陣、鞠子一里塚の史跡が有ります。



 丸子橋を渡ると直ぐ丁子屋です。慶長年間に創業され、400年以上とろろを提供しているそうで、当初はお茶屋だったとの事です。
 丁子屋の先には、お七里役所が有ります。家康の第十子の徳川頼宣、が家康の死後紀州に国替えになった折幕府の動きを警戒する諜報機関をおいたのがお七里役所だそうです。
 続いて、鞠子宿本陣、脇本陣ですが、お七里役所を含めて碑のみとなっています。脇本陣は、明治天皇が休憩をした場所でもあります。
 本陣、脇本陣を過ぎると、こちらも碑のみですが鞠子一里塚に差し掛かります。此処が鞠子宿東の入り口になる様です。



 鞠子宿で頂かなければならない物は、やはり丁子屋のとろろ汁でしょう!かなり人気がある様ですので、とろろ汁だけで一日を費やしそうです。後、慶龍寺の十団子ですがお羽織屋や丁子屋などでも販売しているそうです。
 次回は、鞠子宿から府中宿、一里半(約6.3Km)へ向かいます。



オッサンのDream Journey(昔の人はエライ! 東海道五十三次 舞阪宿~浜松宿)



 3月29日の「所さんお届けモノです!」では、チャンカワイさんが金谷宿、島田宿、藤枝宿、岡部宿、鞠子宿歩いて、東海道の創業100年以上の老舗の新名物を紹介していました。昔の人はエライ!も、もう少しで追いつけそうです。



 舞阪宿から浜松宿へ向かいます。二里三十丁(約12.1Km)の道のりです。
 丁度、MBSの、ちちんぷいぷい(昔の人は偉かった)では、浜松宿・舞阪宿の辺りを歩いています。という事は・・・、妄想ではどこかで、出会った事になります。



 浜松宿、西の入り口はハッキリしません。鎧橋辺りから浜松宿と言う感じでしょうか?
 舞阪宿と浜松宿の間には、浪小僧像、舞阪松並木、春日神社、秋葉常夜燈、篠原一里塚、立場本陣跡、高札場跡、二つ御堂、若林一里塚、などの史跡が有ります。



 舞阪見付石垣を出発して、国道301号との交差点辺りに浪小僧像が有ります。海が荒れたり、風が強くなる時に海の中から太鼓で知らせてくれるそうです。
 浪小僧像を過ぎると、舞阪の松並木が続いていきます。江戸時代街道に松や杉を植えさせたのが始まりとされます。此処の松並木は正徳年間1420本の松が植えられたそうです。現在は、700mに渡り、370本の松が植わっているそうです。松並木の中ほどには、舞阪宿の碑が置かれています。ここで、舞阪宿を離れることになります。
 松並木が終わった、辺りに春日神社が有ります。奈良の春日神社から勧請されたものだそうです。進んでいくと、秋葉常夜燈が点在しています。
 暫く行くと、篠原一里塚の看板が設置されています。近くには立木本陣跡がありますが、看板だけの様です。その先に高札場跡の標識があります。その手前に麦飯長者の標識も有り、昔小野田五郎兵衛と言う長者が旅人に麦飯を振舞った事から麦飯長者と呼ばれたという言い伝えらしいです。



 高札場跡から少し進むと、二つ御堂で、北堂と南堂が有ります。奥州平泉の藤原秀衡が京で大病を患っていると聞いた愛妾が京へ上る途中、この地で秀衡死去の知らせを聞き菩提を弔うため北堂を建立しましたが、秀衡死去は誤報で、病が回復し帰国途中の秀衡はこの話を聞いて南堂を建立したという話だそうです。
 二つ御堂を過ぎると、八丁畷が始まります。八丁畷は真っ直ぐな道が八丁続く事から言われています。
 八丁畷に入ると直ぐに若林一里塚の碑が有ります。その先、鎧橋に差し掛かります。この辺りが浜松宿西の入り口でしょうか?
 浜松宿は、江戸から29番目、京から25番目の宿場ですが距離的には、江戸と京の丁度中間点にあたるとの事です。又、浜松城の城下町としても栄え、遠江国、駿河国を通じて最大の宿場でした。
 浜松宿の宿場内には、鎧橋、子育て地蔵尊、番所跡、梅屋本陣、川口本陣、杉浦本陣、佐藤本陣、高札場跡、大手門跡、浜松城、などの史跡が有ります。



 浜松宿西の入り口では?と思う鎧橋は、平安時代末期比叡山の雑兵に鴨江寺を攻められた時、寺の軍兵が鎧を着てこの橋で守ったという処から鎧橋と言われるようになったそうです。
 鎧橋の先、八丁畷が終わった所には、子育て地蔵尊が有ります。数体の石仏が並んで祀られているそうです。
 子育て地蔵尊を過ぎた先に、番所跡、梅屋本陣、川口本陣、杉浦本陣、佐藤本陣、高札場跡が続けて現れます。何れも碑か看板のみとなっています。この辺りは浜松宿本陣通りと呼ばれている処です。
 本陣通りを抜けた所の交差点に、大手門跡の碑が立っています。交差点を右に行くと街道、直進すると浜松城となります。浜松城は15世紀の築城時は曳馬城と呼ばれていました。1570年徳川家康が入城し浜松城に改名したとの事です。その後、歴代城主の多くが幕府の重役に就き出世城とも呼ばれたそうです。城址は戦後、浜松城公園として整備され、1958年天守が再建されました。
 交差点に戻り、街道を暫く行くと、馬込橋です。此処が東の入り口と言う事になります。



 さて、浜宿の美味しい物は、鰻ばかりに頭が行っていましたが、浜松餃子が有りました。他には遠州焼と言う粉もんがあるそうです。丁度関西で言う葱焼に沢庵が入った物の様な感じらしいです。
 次は、浜松宿から見付宿を目指します。距離にして四里七丁(約14.7Km)となります。