オッサンのDream Journey(昔の人はエライ! 東海道五十三次 岡部宿~鞠子宿)



 鞠子宿を目指し、一里二十九丁(約8.5Km)の道のりを行きます。



 鞠子宿、西の入り口となると、丸子川に架かる丸子橋の手前にある高札場辺りが西の入り口と思われます。
 岡部宿と鞠子宿の間には、西行笠懸松、十石坂観音堂、坂下地蔵堂、蔦の細道分岐点、宇津ノ谷峠、明治のトンネル、宇津ノ谷集落、高札場などの史跡が有ります。



 岡部宿を出て、直ぐ岡部川を渡った所に、西行笠懸松の説明看板が有ります。鎌倉時代初期の僧侶西行が、故あって破門した弟子の死を悼んだ場所だという事です。
 その先に、十石坂観音堂が有ります。江戸時代末期の建物の様で、入母屋造瓦葺建築で細かい彫刻が施されているそうです。2体の厨子が安置されているとの事で、1体は江戸中期、1体は江戸後期の作だそうです。
 暫く進むと、坂下地蔵堂に差し掛かります。建立年代などは不明ですが、元禄年間に再建されたらしく、霊験あらたかと信仰されそれを示す「鼻取地蔵」「稲刈地蔵」という2つの伝説が残っているとの事です。更に堂内には地蔵菩薩が安置され宇津ノ谷峠を越える旅人の安全を祈願していました。
 地蔵堂を過ぎると、蔦の細道と街道が分岐しています。平安時代から鎌倉時代に掛けて利用された道ですが、鎌倉幕府は部隊の行進が出来ない道を廃止し、宇津ノ谷峠に新しい道を作ったという事です。江戸時代には人や物資の往来が頻繁になったそうです。宇津ノ谷峠は伊勢物語や海道記などからも難所で有る事が伺えます。峠の頂上付近からは宇津ノ谷集落を一望できる場所があります。
 峠を降りてゆくと、集落の手前に明治のトンネルへ行く道が有ります。街道からは少し距離がある様ですが、峠が通行困難な為、明治時代に掘られたもので登録有形文化財だそうです。
 峠を降りると、宇津ノ谷集落です。岡部宿と鞠子宿の間に位置し往来する旅人が休憩をした所です。集落内には御羽織屋や慶龍寺もあります。
 御羽織屋には豊臣秀吉の陣羽織などが飾られ公開もされています。慶龍寺では、室町時代から数珠型の魔除け団子が伝わっており、現在でも地蔵盆の頃の縁日で配られるそうです。
 宇津ノ谷集落から暫く進んで、ようやく丸子橋に到着です。橋の手前に高札場が復元されているとの事で、橋を渡ると鞠子宿に入ります。



 鞠子宿は、江戸から20番目の宿場で丸子と書く事もあります。東海道で最も小さい宿場ですが、関ヶ原の翌年には宿場となっています。鞠子宿と言えば歌川広重が描いた浮世絵の丁子屋が有名で、とろろ汁を食べさせる店との事で、現在も営業をされているそうです。
 鞠子宿には、丁子屋、お七里役所、鞠子宿本陣、脇本陣、鞠子一里塚の史跡が有ります。



 丸子橋を渡ると直ぐ丁子屋です。慶長年間に創業され、400年以上とろろを提供しているそうで、当初はお茶屋だったとの事です。
 丁子屋の先には、お七里役所が有ります。家康の第十子の徳川頼宣、が家康の死後紀州に国替えになった折幕府の動きを警戒する諜報機関をおいたのがお七里役所だそうです。
 続いて、鞠子宿本陣、脇本陣ですが、お七里役所を含めて碑のみとなっています。脇本陣は、明治天皇が休憩をした場所でもあります。
 本陣、脇本陣を過ぎると、こちらも碑のみですが鞠子一里塚に差し掛かります。此処が鞠子宿東の入り口になる様です。



 鞠子宿で頂かなければならない物は、やはり丁子屋のとろろ汁でしょう!かなり人気がある様ですので、とろろ汁だけで一日を費やしそうです。後、慶龍寺の十団子ですがお羽織屋や丁子屋などでも販売しているそうです。
 次回は、鞠子宿から府中宿、一里半(約6.3Km)へ向かいます。



オッサンのブラリ一人旅(福島区野田藤まつり 下福島公園)



 この記事は、2017年5月にSeesaaブログで公開したものです。



 野田藤まつりは、春日神社だけでなく、福島区の至る処で開催されており、地元の方でも全てを見て回るのは難しいのかも知れません。
 下福島公園も、藤まつりの開場の一つです。
 下福島公園にやって来ました。藤は公園の反対側にあるようです。
 下福島公園は、大日本紡績(現在のユニチカ)の工場跡地に大阪厚生年金病院などと共に建設された公園です。此処では野田藤の栽培もされています。
 藤棚にやって来ました。
 公園には、足利義詮や豊臣秀吉が訪れた藤庵の庭が復元されています。
 珍しい、白い藤棚が1ヶ所ありました。
 藤棚に頼らず自立している藤です。
 この日は、汗ばむ陽気の好天に恵まれましたが、やはり見頃には、少し早いようです。
 この後、浦江聖天了徳院へと向かいます。



オッサンのDream Journey(昔の人はエライ! 東海道五十三次 二川宿~白須賀宿)



 二川宿から白須賀宿を目指します。距離にして二里十六町(約8.1Km)の道のりです。



 県境を越えると、間もなく白須賀宿西の入り口にあたる高札場立場跡です。二川宿と白須賀宿の間の史跡は細谷一里塚があるだけです。



 細谷一里塚は、二川宿を出て暫く行かなければなりません。豊橋には、4つの一里塚が有り細谷一里塚だけが現存する一里塚との事です。地元では一里山一里塚と言うそうです。この一里塚の手前で、冬場の天気の良い日には富士山を観ることが出来るらしいです。
 細谷一里塚から少し行くと、いよいよ静岡県遠江国に入ります。間もなく、白須賀宿です。
 白須賀宿は江戸から32番目の宿場で、県境を越えた辺りは境宿と呼ばれたようで柏餅が有名で白須賀名物だったらしいです。
 この宿場は、1707年宝永地震とその津波で大きな被害を受け、現在の位置に移りました。



 白須賀宿には、高札場立場跡、庚申堂、火防樹、脇本陣跡、本陣跡、曲尺手、潮見坂公園、おんやど白須賀、潮見坂、蔵法寺、高札場跡などの史跡が有ります。境宿も白須賀宿の1部になります。
 高札場立場跡は碑だけが立っている様です。庚申堂は1681年建立されましたが、現在のものは1841年再建されたものだそうです。境内には庚申信仰の三猿(見ざる聞かざる言わざる)像が有ります。
 庚申堂の先に、火防樹という槇が建っています。高台に移転した白須賀宿ですが、今度は強い西風により大火が起こりやすくなりました。その延焼を食い止める為に設けられたそうです。
 火防樹を過ぎると脇本陣跡、本陣跡、に差し掛かりますがこの2つは碑のみの様です。少し行くと、曲尺手が有ります。軍事目的以外にも格の低い大名が近くの寺で休憩を装い格上の大名をやり過ごしていたとの事です。
 この先、潮見坂公園の少し手前から格子戸が有る古民家が立ち並んでいる様で、城下町の風情が味わえそうです。
 潮見坂公園は織田信長が武田勝頼を滅ぼし尾張に戻る際、ここで家康にもてなされたという事です。大正時代に公園として整備されたそうですが、現在は碑だけになっています。
 どうやら、潮見坂公園の辺りから坂道になっているようです。そうです坂の頂上に、おんやど白須賀が有ります。おんやどと言うネーミングから、ホテルか旅館と勘違いしそうですが、歴史資料館の様です。休憩所も兼ねています。
 おんやど白須賀の辺りが潮見坂になります。江戸時代には街道一の景勝地で、西国から江戸に向かう時は、最初に太平洋が見える所だったそうです。
 潮見坂を下り少し行ったところから街道を逸れると蔵法寺です。本尊は海から引き揚げられた潮見観音との言い伝えです。遠州灘を行き交う船は帆を下げ観音様の名前を念じて通ったそうです。
 街道に戻り少し行くと、高札場跡になります。碑しか有りませんが、側には、白須賀一里塚の碑も立っています。



 白須賀宿で食さなければいけない物は…と考えると、やはり柏餅です。秀吉が小田原攻めに出兵の際、境宿で休憩し名物の柏餅を「かちわ餅」と聞き間違え縁起が良いと言う言い伝えがあるそうで、春にその、勝和餅を再現し売られているとの事です。



 次回は、白須賀宿から新居宿に向かいます。一里二十四丁(約4.8Km)の道のりです。



オッサンのブラリ一人(丹波もみじめぐり 柏原八幡神社)



 三寳寺の後、車で5分程のところに柏原八幡神社が有ります。丹波もみじめぐりのコースからは外れていますが、三寳寺まで来たら行かねばなるまいと、立ち寄りました。



 駐車場に車を停めると、いきなり紅葉が迎えてくれました。こちらの紅葉は丁度見頃でした。
 一の鳥居に来ました。参道は緩やかな石段になっています。
 参道にも、少ないのですが鮮やかな紅葉が生えています。参道から紅葉を観ると、下のお寺を見下ろしていました。
 中腹まで来ると社務所があります。この日は、神社で御朱印は頂くようになっていました。
 社務所で折り返して神社へと向かいます。
 神社に着きました。柏原八幡神社です。
 柏原八幡神社は、舒明天皇の時代(629~641)出雲の連が、入船山に素戔嗚尊(スサノオノミコト)を奉祀したのが始まりとされます。入船山というのは、柏原八幡神社が鎮座する山で正にここが入船山と言う事になります。
 その後、1024年後一条天皇の勅意によって京都の石清水八幡宮から分霊を勧請、柏原別宮として創建されました。
 祭神は誉田別命、息長足姫命、姫三柱之命で、ご利益としては厄除開運、家内安全、勝負必勝、病気平癒、健康長寿等となっています。
 南北朝時代には争乱の兵火で社殿を焼失し、1579年にも例にもれず明智光秀の丹波攻めによってふたたび焼失しました。現在の社殿は1585年羽柴秀吉の命によって再再建されたものです、国の重要文化財となっています。
 社殿です。
 社殿の横に回ると、朱色の三重塔が飛び込んできました。
 この三重塔は、1469年創建されたものです。本殿同様度々焼失しています。現在の三重塔は1815年に再建されたもので、県の重要文化財となっています。
 明治時代には神仏分離令により、棄却の危機に瀕しました。以前、インターネットで見た時には例外的に神仏習合を認められて三重塔と鐘楼が残ったという文章があったと記憶しているのですが、いつの間にかどこを調べてもその文面がありません。どうやら、神仏習合を認められた訳では無い様です。しかし、八幡文庫と称することで、存続を認められたそうです。
 塔が現存する神社は珍しく全国で18社のみとなっています。
 鐘楼です。
 この鐘は天正年間、秀吉が大砲を造るためこの地方の鐘を1か所に集めた際特に優れていたため八幡神社に寄贈したものだそうです。鐘には年号が2つ刻まれていますがどういう事なのか?は分かりません。
 この鐘も神仏分離令の時に棄却の対象から免れていますが、その経緯は不明です。
 境内の紅葉です。
 厄除神社です。毎年2月には柏原の厄神さんと呼ばれる三丹一の厄除大祭が行われます。
 特に2月17日の深夜に行われる、「青山祭壇の儀」は日本最古の厄除け神事とされています。
 厄除神社の隣で御朱印を頂く事が出来ました。どうやら、参拝のタイミングによって境内で頂ける場合と、社務所で頂く場合があるようです。
 神社の周りにも摂末社がいろいろあるのですが、紹介しきれませんでした。



オッサンのブラリ一人旅(丹波篠山三山安泰山大國寺)

 紅葉を期待して出掛けた但馬「絹巻神社」と「小田井縣神社」でしたが、もう少し早かったようで、リベンジを期し篠山三山へ出掛けていまし
 先ず訪れたのが、大國寺。
駐車場に車を止めて参道を歩いて行きます。
 境内に入ると、紅葉も色付いています。
 大國寺は、丹波の正倉院とも呼ばれ幾つかの重要文化財を有する、天台宗のお寺です。飛鳥時代に法道仙人が薬師如来を安置し開創されたと云われています。十世紀頃に焼失しましたが、十四世紀頃、再興され時の天皇より安泰山大國寺の称号を得ました。その後豊臣秀吉や代々の篠山城主の崇敬を受けたそうです。
 本殿は、入母屋造の銅板葺きの作りで、建築様式も珍しいものだそうです。
 本堂です。
 近くには高蔵寺や文保寺と言った同じ天台宗のお寺が在り。紅葉の頃にはこの三つのお寺がコラボして丹波篠山もみじ三山を企画しています。
 お寺の裏の遊歩道の紅葉です。
 境内にはお寺にも関わらず、多くのお社があります。特に、境内の両脇には天満宮と出雲社があり、遊歩道の奥には薬師稲荷社がありました。神仏分離の法則から例外を認められたお寺なのか?そうとも思えないのですが・・・考えてみれば、お寺の敷地にお社が有るお寺は結構あります。そのうちこの謎は解明出来るでしょう。
 天満宮です。 
 こちらは弁財天。 
 出雲社です。 
 この日は、好天で裏の山も色付き始めていました。
 すぐ近くに、文保寺があります。文保寺まで足を延ばすことにしました。