オッサンのブラリ一人旅(法道仙人の足跡を行く 長明寺)



 3月14日に東京、3月18日に熊谷と横浜でソメイヨシノが開花しました。此処から暫く、「オッサンのDreamJourney(昔の人はエライ!)」を更新できない時は以前にSeesaaブログで公開した桜スポットを紹介したいと思います。



 この記事は、2016年4月にSeesaaブログで公開したものです。



 駅桜の途中、長明寺に立ち寄りました。此処も桜の名所と言う事で立ち寄ったのですが…国道175号線板波橋交差点を東に入ったところにあります。
 参道を上ると、仁王門が出迎えます。いつも、仁王像の画像は暗かったり、障害物が在ったりでうまく撮れませんが、今回は結構きれいに撮れました。
 仁王門をくぐると、桜の向こうに参道が続きます。駐車場にも鮮やかな桜が仁王門の隣から車で奥の駐車場へ行くことが出来ます。
 参道沿いには別のお寺もあります。高野山真言宗の宝光寺です。
 平和の塔はビルマ(ミャンマー)から送られたそうです。
 長明寺は651年法道仙人によって開基されたとされます。本堂には十一面観音像、朱塗り撫仏が祀られています。この他の情報としては、源頼政ゆかりの寺としか分かりません。建立がいつ頃で。現在の所にはいつ頃からあるのかと言うよう様な情報がネットでも調べることが出来ませんでした。一応高野山真言宗のお寺の様です。
 長明寺に着きました。山門をくぐると、境内には桜が・・・
 本堂です、残念ながらご本尊は観ることは出来ませんでした。
 頼政公が歌った歌碑です。武将として有名だった頼政ですが、歌人としても有名で新古今和歌集にも歌が残っています。
 源頼政には鵺退治の伝説もあります。この伝説は平家物語にも記されています。
 鵺退治の様子をモニュメントにされていました。
 折角由緒あるお寺です。源頼政のゆかりの寺としての紹介だけでなく、長明寺自体の紹介をもっとするべきではないでしょうか?説明看板ももう少しあればいいのかな?と思います。但し、看板設置によって、有料にならないように願います。



 この他にも西脇市内には由緒あるお寺が在るようですが、あまり紹介されていません。お寺の名前だけであったり、紹介自体も極めて簡単だったりします。観光協会はもう少しアピールに力を入れても良いのではないでしょうか?



オッサンのブラリ一人旅(加古川線、駅桜)

 この記事は2016年4月Seesaa ブログに投稿したものです。
 田舎の駅なら、駅舎と桜のコントラストが楽しめるのではないか?と言う事で加古川線の谷川~西脇市間を走ってきました。
 加古川線は、JR谷川と加古川を結ぶローカル線で、1両編成で走る単線の路線です。特に谷川・西脇市間は本数も少なく上り、下りとも2時間に1本程度と言う有様です。特に登りは、3時間以上電車が無い時間帯もあります。そんな加古川線、もちろん電車に乗るのは大変ですので、車で回り駅の桜を見て回りました。
 谷川から見て回りましたが、あいにく谷川駅と次の久下村駅には桜が無くスルーしました。
 そして、やって来たのが船町口です。この駅から西脇市に入ります。本当に小さな駅でウッカリすると見落としてしまいそうです。そんな小さな駅ですが桜がありました。駅と桜です。 
 本黒田駅も桜がきれいな駅でした。桜が、ホームの反対側に植わっています。ホームのベンチに腰掛けてお弁当を広げたい気分です。
 黒田庄駅です。残念ながら桜は1本しかありません。谷川・西脇市間でも乗降客の多い駅です。駅の中には喫茶店も有ります。
 比延駅も本黒田に負けないくらいの桜です。電車と遭遇することが出来れば善かったのですが、本数が少ないもので、電車を待つわけにはいきません。 
 比延駅の近くにはこんな1本桜が有ります。夫婦桜と言うそうです。昔の屋敷跡にある桜で、ママ友達がお弁当を広げていました。そういえば、平日とはいえ、三田は花見客が多かったのですが西脇では花見をしている人を見たのは初めてです。
 隣の日本へそ公園駅には桜は有りませんでした。西脇市内中心街に近付くと新西脇駅が有ります。そんなに立派な桜ではないのですが、癒されます。
 この後、長明寺に立ち寄った後、西脇市駅にやって来ました。昔は野村駅と呼ばれていました。西脇市駅と桜です。
 この後郷瀬一本桜を観ようと県道346号を入っていると杉原川沿いに一本桜がこれか?
 それにしては、迫力がない…、川沿いを逆に走らすと、有りました。真っ青に生い茂った巨木が、郷瀬一本桜です。西脇では一番早い桜だそうで、すでに葉桜になっていました。
 ローカル線の小さな駅は最近、プレハブのような個性のない駅が多いのですが、加古川線の駅は小さくてもそれぞれ個性がある駅でした。しかし、老朽化して行くとやはりプレハブの個性のない駅になっていくのでしょうね。

オッサンのブラリ一人旅(西脇市 郷瀬地蔵一本桜)

 各地で桜の開基宣言が出だした、週末の3月23日、丁度近くを通りかかった為、西脇市の地蔵桜を観に立ち寄りました。
 一乗寺と奥山寺に行った時にも覗いたのですが、その時は未だ枯木のままでした。今なら見頃かな?と思ったのですが・・・未だ早い様です。見頃にはもう数日かかりそうです。天気も悪く曇り空ですので桜がはっきりと分かりません。
 地蔵一本桜は西脇市郷瀬町の杉原川堤防に有り、国道472号「春日橋東詰」交差点のすぐ西側に立っています。
 この神社は、樹齢60年を超える、寒緋桜と大島桜の雑種の桜で、早咲きの桜です。北播磨で最も早く咲く桜だそうです。ソメイヨシノが見頃の頃には、緑の葉桜となってしまいます。この画像は3年前加古川線の駅の桜を見て回った時に地蔵一本桜にも立ち寄ったのですが、その時の写真です。
 過っては堤防沿いに立並ぶ桜並木でしたが、今はこの1本になってしまいました。
 2分咲き、3分咲きの桜ですが、アングルによっては・・・
 見ごろの頃に、もう一度見に行くことは出来そうにありません。
 今年は何処の桜を見ようか?思いを巡らせています。
 3年前回った、加古川線の駅の桜については、後日WordPRESS上で公開したいと思います。