オッサンのDream Journey(昔の人はエライ! 東海道五十三次 鳴海宿~池鯉鮒宿)



 2月16日の所さんお届けモノです!では、チャンカワイさんが東海道見付宿から袋井宿、掛川宿、日坂宿、金屋宿と歩いていました。これで、ちちんぷいぷいの昔の人は偉かったと出会った事になります。



 鳴海宿から池鯉鮒宿二里三十丁(12.2Km)の妄想です。地鯉鮒宿は知立宿とも表示することがあるようです。



 池鯉鮒宿の京都側の入り口は、知立古城址を過ぎた辺りが入り口にあたります。
 鳴海宿から池鯉鮒宿の間には岡家住宅、有松・鳴海絞会館、桶狭間古戦場、高徳院、阿野一里塚、洞隣寺、総持寺、知立神社、知立城跡などの史跡や見どころがあります。



 鳴海宿を出て、程なく有松・鳴海絞会館が有り、絞作業の見学や展示販売されているそうです。その周辺は重要伝統建造物群保存地区になっており、岡家住宅他、有松の街並みを視ることが出来るようです。
 絞会館から少し行くと、桶狭間古戦場です。勿論、織田信長が兵力2万5千の今川軍を三千の兵で破った桶狭間の戦いの舞台になった場所です。現在は公園になっていて、今川義元の墓なども有ります。
 古戦場の近くにある、高徳院は高野山真言宗のお寺です。今川義元は桶狭間の戦いの為に本陣をここに置いたと言う事です。古戦場、高徳院共に今川義元に纏わる史跡が多く有ります。又、近くには中京競馬場が有り、競馬開催日と重なった場合はそちらで1発勝負?
 古戦場の先に阿野一里塚が有り、江戸から86番目の一里塚です。街道の両脇に現存する一里塚は国の指定史跡だという事です。この一里塚を離れ境川を渡ると、尾張国から三河国に入ります。



 三河国に入り少し行くと、洞隣寺です。曹洞宗のお寺で開基は徳川家康の叔父で刈谷城主の水野忠重と言う事です。刈谷城は西へ数キロ離れた所で亀城公園として整備されています。
 洞隣寺から少し行き、逢妻川を渡ります。すぐに総持寺と知立神社が有ります。
 総持寺は、天台宗のお寺で、家康の側室於万の方生誕の地とされています。知立神社の境内に総持寺が有る様な感じです。
 知立神社は三河国二宮で江戸時代には東海道三社の一つに数えられたそうです。境内には多宝塔がありますが、これは12月に紹介した柏原八幡神社の三重塔と同じように塔から本尊を省き文庫にすることにより、神仏分離令から逃れた様です。本尊は総持寺に有るとの事です。
 総持寺の数百メートル先には、知立城跡が有ります。知立城は知立神社の神主の築城とされており、その居館が城の始まりとされているそうです。現在は公園になっていて石碑と案内板があるだけと言う事です。



 知立城跡を過ぎた辺りが、池鯉鮒宿の入り口と言う事です。
 池鯉鮒宿は、江戸から39番目、京都からは15番目の宿場です。池鯉鮒は歴史的仮名遣いで(ちりふ)と読まれます。中世には鎌倉街道の要衝として江戸時代は東海道の宿場町として栄えた所です。池鯉鮒の地名は、近くに鯉や鮒の多く住む池があった事ではないか?と言う事です。
 宿場内には、池鯉鮒宿本陣跡、問屋場跡、慈眼寺の史跡があります。本陣跡、問屋場跡は跡碑のみとなっています。
 慈眼寺は、福聚山慈眼寺と言い阿弥陀如来を本尊とする曹洞宗のお寺です。お寺の東側は馬の集積地で馬市も開かれていたそうで、馬の供養の為馬頭観音が祀られたという事です。
 鳴海宿から池鯉鮒宿間のルートプランは有松・鳴海絞会館―桶狭間古戦場―高徳院―阿野一里塚―洞隣寺―総持寺―知立神社―知立城跡と言った計画になります。
 宿場内の計画は、本陣跡―問屋場跡―慈眼寺となります。



 さて、池鯉鮒宿での美味しいものは、いもかわうどんと言うのが有ります。平打ちのうどんできしめんのルーツとも言われている物です。明治時代に途絶えていましたが、2007年に復活したそうです。鳴海宿から池鯉鮒宿の間で食べなければいけない物だと思います。
 次回は岡崎宿へと妄想の旅をします。距離は約三里三十丁(15.3Km)となります。



オッサンのブラリ一人(丹波もみじめぐり 柏原八幡神社)



 三寳寺の後、車で5分程のところに柏原八幡神社が有ります。丹波もみじめぐりのコースからは外れていますが、三寳寺まで来たら行かねばなるまいと、立ち寄りました。



 駐車場に車を停めると、いきなり紅葉が迎えてくれました。こちらの紅葉は丁度見頃でした。
 一の鳥居に来ました。参道は緩やかな石段になっています。
 参道にも、少ないのですが鮮やかな紅葉が生えています。参道から紅葉を観ると、下のお寺を見下ろしていました。
 中腹まで来ると社務所があります。この日は、神社で御朱印は頂くようになっていました。
 社務所で折り返して神社へと向かいます。
 神社に着きました。柏原八幡神社です。
 柏原八幡神社は、舒明天皇の時代(629~641)出雲の連が、入船山に素戔嗚尊(スサノオノミコト)を奉祀したのが始まりとされます。入船山というのは、柏原八幡神社が鎮座する山で正にここが入船山と言う事になります。
 その後、1024年後一条天皇の勅意によって京都の石清水八幡宮から分霊を勧請、柏原別宮として創建されました。
 祭神は誉田別命、息長足姫命、姫三柱之命で、ご利益としては厄除開運、家内安全、勝負必勝、病気平癒、健康長寿等となっています。
 南北朝時代には争乱の兵火で社殿を焼失し、1579年にも例にもれず明智光秀の丹波攻めによってふたたび焼失しました。現在の社殿は1585年羽柴秀吉の命によって再再建されたものです、国の重要文化財となっています。
 社殿です。
 社殿の横に回ると、朱色の三重塔が飛び込んできました。
 この三重塔は、1469年創建されたものです。本殿同様度々焼失しています。現在の三重塔は1815年に再建されたもので、県の重要文化財となっています。
 明治時代には神仏分離令により、棄却の危機に瀕しました。以前、インターネットで見た時には例外的に神仏習合を認められて三重塔と鐘楼が残ったという文章があったと記憶しているのですが、いつの間にかどこを調べてもその文面がありません。どうやら、神仏習合を認められた訳では無い様です。しかし、八幡文庫と称することで、存続を認められたそうです。
 塔が現存する神社は珍しく全国で18社のみとなっています。
 鐘楼です。
 この鐘は天正年間、秀吉が大砲を造るためこの地方の鐘を1か所に集めた際特に優れていたため八幡神社に寄贈したものだそうです。鐘には年号が2つ刻まれていますがどういう事なのか?は分かりません。
 この鐘も神仏分離令の時に棄却の対象から免れていますが、その経緯は不明です。
 境内の紅葉です。
 厄除神社です。毎年2月には柏原の厄神さんと呼ばれる三丹一の厄除大祭が行われます。
 特に2月17日の深夜に行われる、「青山祭壇の儀」は日本最古の厄除け神事とされています。
 厄除神社の隣で御朱印を頂く事が出来ました。どうやら、参拝のタイミングによって境内で頂ける場合と、社務所で頂く場合があるようです。
 神社の周りにも摂末社がいろいろあるのですが、紹介しきれませんでした。



オッサンのブラリ一人旅(尾道 本通り商店街)



 本通り商店街の方へやって来ました。
 国道2号ぞいを歩いていると、林芙美子像が有りました。
 商店街の中側に入ると、林芙美子の資料館が有ります。看板には、芙美子記念館と掲げられています。
 林芙美子は尾道ゆかりの小説家と言う事ですが、生まれたのは下関とも門司とも云われています。尾道で生活したのは、13歳から尾道高等女学校を卒業するまでの間です。
 林芙美子と言えば、森光子さんの舞台「放浪記」が有名です。森さんの死後、仲間由紀恵さんも演じられています。その「放浪記」は関東大震災経験後、日記として書き綴ったのが原型となっています。
 記念館の中は、撮影禁止だったのですが、奥の居住跡は撮影が可能でした。
 この建物は、雑貨商の建物の様です。その2階に林芙美子は住んでいたと思われます。
 建物には、芙美子書らしき物も展示されていました。
 2階からの記念館です。
 商店街の風景です。
 こんなチラシが貼られていました。そういえばオッサンが住んでいる地域でも昔は土曜夜店と言うものが有りました。随分昔の事ですが・・・
 こちらは尾道商業会館と、銭湯をリノベーションしたお店です。
 途中、近くの吉備津彦神社(一宮神社)の御旅所が有ります。秋祭りの神輿が展示されていました。現在使われている物では無い様です。
 神輿は、明治時代の神仏分離令を機に創られたものらしいです。
 秋に行われる祭りは、ベッチャー祭りと言い、江戸時代後期 疫病がはやり病魔退散を願い神輿を先頭に「獅子、ベタ、ショーキ、ソバ」の面を付けた者が町中を練り歩いたのが始まりとされています。
 ベッチャー祭りのポスターとベッチャー祭りの面です。
 ロープウェイ乗り場近くまで歩いて、地と休み。土産物屋でアイスキャンデーを頂きます。
 駅へ戻る途中、猫がいたので写真を・・・なんとカメラ目線??
 少し水道沿いを歩いて車へ戻ります。