オッサンのブラリ一人旅(浪速七幸巡り 今宮廣田神社)



 この記事は、2016年5月にSeesaaブログで公開したものです。



 今宮戎神社の北にも鳥居が見えています。戎神社の関連施設か?と思ってしかず来ました。廣田神社となっています。時間にも余裕が有り、少し覗いて視ようと思い立ち寄りました。
 境内に入るとすぐに、こんな物が有りました。アカエは、痔疫の平癒を祈り、アカエの絵馬を奉納するもので、痔・地、音が通じていることからこの地の守り神になったとか?
 百度廻り石はこの石と本殿の間を回ってお百度参りをするそうです。
 こちらの狛犬は至って普通と言う感じです。
 本殿です。今回もちゃんとお賽銭をさせていただきました(エヘン!
 本殿の左側に、稲荷神社に続く鳥居が有ります。他の神社のお稲荷さんは、有るのかと言う程度でしたが、こちらは、少し由緒が有りそうです。只、調べてみましたが、行ってきました。と言う程度の紹介だけで、神様については触れられていませんでした。赤土稲荷です。祭神は米倉稲荷大神・楠稲荷大神・赤土稲荷大神です。造も、ほかの稲荷神社とは違います。神社の裏へ回れるのは。天満神社宮の稲荷神社と同じです。
 西側の門からの境内です。本殿の他にもこんな祠も。アカエの絵馬も奉納されていました。
 一通り境内を散策し本殿の前を通りかかると、本殿横の受付におばさんがいました。少し話を聞いてみようと思い。声を掛けました。
 この神社は、戎神社と同じく四天王寺の守り神として作られたそうです。そして西宮の廣田神社(実は、廣田神社が神戸にあると、思っていておばさんが西宮の廣田神社と言うのを神戸の、と言っていました。後で調べるとやはり西宮の廣田神社でした。)と同じ撞賢木厳之御魂天疎向津媛命(つきさかきいつのみたまあまさかるむかつひめのみこと。天照大神の荒魂)を祀る系統で、格は西宮の方が上との事です。現在は、地域の氏神様として存在しているそうです。
 戎神社が思ったより小さい事を言うと、カメラワークのマジックでそう見るらしいとの事でした。戎神社より廣田神社の方が面白いと言うと、戎神社は整備されて綺麗だけどこっちは森の中の古いままの神社だからと、自虐気味に言って居られましたが決して、そんな積りで言ったのでは無いのですが…。