オッサンのDream Journey(昔の人はエライ! 東海道五十三次 藤枝宿~岡部宿)



 今回は岡部宿を目指します。一里二十九丁(約5.5Km)の道のりです。



 岡部宿、西の入り口ですが市役所の岡部支所の近くにある桝形跡辺りかと思われます。
 藤枝宿と岡部宿の間には、須賀神社、鬼島一里塚、横内橋、慈眼寺、岡部の松並木、五智如来、などが有ります。



 藤枝宿を出発し少し行くと、須賀神社です。境内には、樹齢500年とも言われる大楠が有ります。根回り15.2ⅿ樹高23.7ⅿと言う大きさで県の天然記念物との事です。
 須賀神社を過ぎて行くと、鬼島一里塚に差し掛かります。民家の前に標識だけがある様です。
 その先、少し行くと横内橋が有ります。横内橋は朝比奈川に架かる橋ですが、この地域は文禄年間豊臣家家臣池田孫次郎輝利が村人に河川改修を指導し白髭神社を祀り開村した地域だそうです。
 その先には、慈眼寺が有ります。西了山 慈眼寺は慶長年間、横内村が開村したのを機に、先祖の菩提供養の為に新寺を建立する機運が高まり開創された寺院だそうです。
 慈眼寺から少し行くと、松並木に差し掛かります。岡部の松並木と言われ、大事にされているとの事です。
 その先に、五智如来が有ります。元は、寛永年間に開山したといわれる誓願寺に安置されていたそうですが、それを現在の場所に移し,公園として整備されています。五智如来像は田中城主が誓願寺に病気平癒の祈願をしたところ成就し、そのお礼として寄進されたとの事です。五智如来は5体で1組ですが、もう1組明治の中頃に作られています。
 直ぐに桝形跡に到着です。此処が岡部宿の入り口にあたります。



 江戸から21番目の岡部宿は、五十三次が整備されて、一年遅れで設立された規模の小さな宿場でしたが、寛永年間に参勤が制度化されたことにより宿場業務が増大し隣接する内谷村新町が加宿されました。
 岡部宿には、問屋場跡、姿見の橋、高札場跡、岡部宿内野本陣跡、旅籠柏屋などの史跡が有ります。



 宿場に入り進むと、街道には問屋場跡、高札場跡、本陣跡などの碑が点在しています。
 問屋場跡と高札場跡の間に有るのが、姿見の橋です。この橋は小野小町が景色を眺めていて、下を見ると水に映った自分の顔に老いの身を嘆いたという橋だそうです。確か「丹後LEGEND of sevens Princess」では、丹後で亡くなったはずですが、小町伝説は至る処に有ります。こちらの伝説はどういった言い伝えが有るのでしょうか?
 本陣跡を過ぎると、旅籠柏屋になります。柏屋は岡部宿を代表する旅籠でした。1998年に国の登録有形文化財に登録されたとの事で現在、建設当時の姿が再現され歴史資料館となっているそうです。この先岡部川辺りが東の入り口らしいです。



 さて、岡部宿での御馳走を探したのですが、ご当地グルメとなるものは見つかりませんでした。
 次は、鞠子宿を目指します。距離にして一里二十九丁(約8.5Km)の道のりです。



オッサンのブラリ一人旅(丹後LEGEND of sevens Princess 安寿伝説Ⅲ)

 由良川の対岸に渡り、国道175号から府道571号を北へ向かって走っていると、安寿塚の看板が有りました。
 看板に従って進むと、安寿塚が有ります。
 駐車場からは、遊歩道が続いています。
 中央の池の周りは、遊歩道が整備されています。
 池からそれて、遊歩道を歩いていくと・・・
 その奥に、安寿姫塚が有ります。
 説明看板では、山椒大夫から逃げ、この付近で疲れと飢えにより命を落とし、これを憐れんだ村人によって葬られたとの事です。森鴎外の小説では、山椒大夫の屋敷近くの沼で身を投げたようです。更に一説にはここの池(用水池です、佐織池と言うそうです。)に身を投げたという話も有るようです。元の話が分からないので、どれが本当か?分かりません。其々、脚色されているのでしょう。
 イベントにも使われているようです。毎年7月14日を安寿の命日とし、その日に近い土曜日の夜に慰霊祭と称しイベントが行われているそうです。東屋も有りました。
 東屋には、歌舞伎の一場面を描いた絵図が掲げられていました。
 遊歩道を歩いていると、ヒガンバナも咲いていました。佐織池の全貌です。
 他にも、厨子王縁のお寺とかも有るようですが、また、折を見て訪ねたいと思います。 

オッサンのブラリ一人旅(丹後LEGEND of sevens Princess 安寿伝説Ⅱ)

 暫く、お花見の記事を投稿していましたが、桜も終わりに近づきつつあります。でも、未だ咲き誇っている桜が結構あります。
 そろそろ、丹後LEGEND of sevens Princessを再開しようと思います。
 この記事は、2016年9月にSeesaa ブログで公開したものです。
 汐汲浜から由良川沿いに、福知山、舞鶴方面に車を走らせると、以前紹介した、紅葉公園が有ります。入り口には安寿と厨子王のモニュメントが建っています。
 もみじ公園の先に、山椒大夫屋敷跡が有ります。看板は有りますが、説明看板もご覧のとおり壊れています。
 奥へ進んで行くと、屋敷跡とその碑が有りました。
 山椒大夫は、勿論森鴎外の小説で有名ですが、元は、説教節のさんせう大夫が元となっています。
 説教節と言うのは、日本の中世から近世にかけて行われた語り物の芸能や文芸の事です。どうやら、仏教の説教から来ているようです。語り方も仏教の和讃などを取り入れた節に成っているそうです。その説教節のさんせう大夫は江戸中期に語られていた物が有力だと言う事です。更に、丹後の由良地域では「山庄略由来」としてまとめられた物が版木として残っているそうです。この事から、山椒大夫縁の遺跡が数多く存在していたそうでかなりの勢力を持っていた事がうかがい知れます。屋敷跡もこの辺りに有ったとの事ですが山椒大夫は架空の人物とされています、モデルとなるものがこの辺りに存在しているのでしょうか?
 屋敷跡に、建てられている、これらの祠や石塔は山椒大夫を祀っているのでしょうか?
 ここに来るまでにも、安寿と厨子王縁の史跡が有ったようですが、情報が不足していてスルーしてしまいました。この後、由良川対岸の安寿塚へ行こうと思います。 

オッサンのブラリ一人旅(丹後LEGEND of sevens Princess 安寿伝説)

 これは2016年9月にSeesaa ブログに投稿したものです。
 1日で丹後七姫伝説の縁の地を周り切れず、改めて安寿伝説の地を周って来ました。
 安寿伝説も、各地に有るのですが、其々生誕の地であったり、居住地であったり、人買いに襲われた地であったりしています。そして、安寿と厨子王が丹後に送られたことなど、全てが辻褄の合う伝説に成っています。これは、中世の浄瑠璃などで演じられていた事から、物語で出てきた土地がゆかりの地として名乗っているのでしょう。特に、森鴎外の山椒大夫が影響しているのではないでしょうか?
 安寿と弟の厨子王は越後で、人買いの手に掛かり由良の山椒大夫に売り渡されます。その為、安寿縁の地が点在しています。一応、安寿も山椒大夫も架空の人物とされていますが本当のところは???
 宮津方面から、由良海岸に差し掛かると、汐汲浜が有ります。安寿が汐を汲んでいたとされる浜です。
 こちらは、森鴎外の文学碑と歌碑です。 
 国道176号をはさんだ所には、こんな神社が有りました。岩穴稲荷神社です。石碑には何が書かれているのやら・・・読み取れません。
 由良の門(戸)とは、古代の由良川河口の呼び名で内陸水運と沿岸航路の結節点として栄えました。
 鳥居を抜けると、祠が有ります。
 祠の左右のお稲荷様隣に鎮座するのは???右側のは首が無くなっています。
 祠の隣には、何を祀っているのでしょう?
 こちらには荒神様が祀られています。
 ブログを投稿するために、ウロウロしていると、目的以外のものにも興味を持ってしまったりします。今回もそのパターンです。
 安寿伝説は3回に分けて記事を書いています。次回は山椒大夫屋敷跡を紹介します。

オッサンのブラリ一人旅(丹後LEGEND of sevens Princess 島児神社)

 この記事は2016年9月にSeesaa ブログに投稿したものです。
 静神社を後にして、網野市街へ向かうと、島児神社が有ります。
 丹後七姫伝説の地を訪ねているので、乙姫縁のものを探すのですが、どうしても浦島太郎に辿り着きます。乙姫伝説と言うより今回の場合、浦島伝説と言う方が正しいのかも知れません。
 府道665号を走っていると、漁港の先に大きな鳥居が目に入ります。漁港の向こうに見える島は、福島です、浦島太郎と乙姫が初めて出会ったとされる島です。
 もしやと、思い行ってみると有りました。島児神社です。
 祠の横には、馬と、カメに乗った浦島太郎の石像が有りました。馬は、近所の方が、何かの節目に奉納されたものの様です。
 亀は、触ると安産、長寿、良縁の御利益が有るそうですが・・・そんなに古いもでもなさそうです。本当にご利益が有るかは眉唾? 
 釣溜(つんだめ)の説明看板です。自然の岩で囲まれた潮だまりの事です。探してみたのですが見つけることが出来ませんでした。
 浦島伝説は、全国各地に在るようです。中には、海無県の長野県や岐阜県にも存在しますが、インターネットで調べて行くうちに、「丹後国風土記」から紹介されている事が多く、最も詳しく書かれているそうです。更に、「日本書紀」や「御伽草子」でも丹後国が舞台に成っていますので、伝説の発祥は、丹後がかなり有力な様です。
 丹後地方には、此処の他にも浦島伝説の縁の地が結構あるようです。そこも訪ねる機会が在れば良いと思います。 

オッサンのブラリ一人旅(丹後LEGEND of sevens Princess 静神社)

 これは、2016年9月、Seesaa ブログに投稿したものです。
 丹後七姫伝説、今回は、静神社です。
 ガラシャの里を後にして、間人を経由して海岸線を走ります。
 眼下には、青い夏の海が広がります。
 静神社は、網野町市街を抜けて、暫く走った所にあります。
 静御前は、1165年にこの地に生まれた、とされます。これは、他の土地で生まれたと言う説は有りませんでしたので、かなり有力だと考えます。
 静御前の母親は、京で公家を相手に白拍子を斡旋していたと言われており、静御前も生後は都に住んでいたと思われます。
 白拍子とは、水干や烏帽子、刀などを身に着け舞を舞う女性で、遊女としての一面も有ったそうです。当然、静も白拍子として成長します。
 伝説では、ある年、干ばつが続き後白河法皇は100人の白拍子に「雨乞いの舞」を舞わせます。しかし、99人舞っても、雨が降りません。そして、100人目静御前が舞うと、3日間雨が降り続いたそうです。その後、住吉での雨乞いの際に義経に気に入られ、愛人になったそうです。源平合戦後、兄の頼朝と対立した義経が都落ちし九州に向かう際、同行しますが、吉野で義経と分かれ京へ向かいますが、途中捕らえられ北条時政に引き渡された後、鎌倉に送られます。鎌倉で、頼朝から舞を命ぜられた静は義経を慕う歌を歌い、頼朝を激怒させますが北条政子の取り成しで命を救われました。このとき静は義経の子を身ごもっており、男子を産みますが、赤子は取り上げられ、鎌倉の由比ガ浜に沈められます。その後静は京に返されましたが、そこからの消息は不明となっています。その為、全国に、静御前の墓があるようです。
 国道の際からの、階段を登ると静神社が有ります。神社と言っても、祠があるだけです。1782年に火災で焼失し、元の位置から200m西の場所に再建され、静御前の木像が祀られているだけだそうで、ご神体も無いようです。地域の氏神様までも行っていないようです。
 水仙は、静御前をイメージした花だそうです。境内からの景色を説明した看板も。
 境内の脇に、展望台へ上がる階段が・・・しかし、上がってみると雑木林が広がっていました。  
 辺りを見回して見ると、下り階段が有りました、階段を下った所に展望台が有ります。しかし、前方の木々が邪魔で折角の景色が見えません。展望愛の整備が望まれます。
 神社から400mほど東に行った所に、静御前生誕の地の碑が建っています。民家の軒を通って行きます。
 碑のある場所からは、絶景が広がります。
 静神社と言えば、茨城県の静神社が有名です。しかし茨城県の静神社の主祭神は建葉槌命(たけはづちのみこと) - 別名を「倭文神(しどりのかみ)」で、かなり格式のある神社で、静御前とは関係は無い様です。
 この後、児島神社へ向かいますが、その道からも、夏の海が広がります。

オッサンのブラリ一人旅(丹後LEGEND of sevens Princess~ガラシャの里)

 これは、2016年9月にSeesaa ブログに投稿したものです。
 ガラシャの里は、小町公園から一山超えた所にあります。しかし、話を聞くと以前は山越えが出来ていたのだそうですが、現在は通行できないそうです。
 小町公園で教えられた通りの道を走り弥栄町野間地区へ、有りましたガラシャの里への看板が、あと5キロと出ています。しかし、進むうちに道が細くなっていきます。道を間違えたかな?と、思った処に、味土野への看板が・・・間違ってはいないようです。少しばかり恐怖を感じながら進んでいきます。
 有りました、ようやく味土野に到着です。ガラシャの里に到着です。味土野女城跡となっています。しかし、此処から先はフェンスが張られていて行き止まりに成っています。
 平地の奥に丘が有ります。これが女城です。
 前回、ガラシャ墓碑と記しましたが、ガラシャは此処で亡くなっていませんでした。実際は、大阪で亡くなっています。味土野では、隠棲されていたそうです。
 諸説ありますが、細川ガラシャは1563年明智光秀の三女として生まれ、玉子(珠)と名付けられました。一五歳の時織田信長の勧めで細川忠興に嫁ぎました。しかし、1582年父光秀の謀反により、逆臣の娘となり、忠興により、この地に1584年迄幽閉されます。その後、大阪で洗礼を受けガラシャとなりました。そして1600年忠興が家康に従ったことで西軍の石田三成が、ガラシャを人質に取ろうとしますが、それを拒否し、家老の介錯で命を落としました。一説によると、丹後味土野ではなく丹波の味土野と言う説も有ります。
 壮絶な最期を迎えたガラシャですが、彼女を材代にした作品も数多く発表されています。殆どが明治以降に発表されたものですが、1698年ウィーンで戯曲が初演されています。
 女城に登ってみると、ガラシャ隠棲の碑が建っています。
 味土野観音です。
 此処に訪れる場合、野間地区から徒歩で行かれる事をお勧めします。車1台がやっと通れる道幅ですし車では危険な場所も有りました。山歩きをする感覚で行かれると良いと思います。片道5キロですので大人の足なら問題ないと思います。

オッサンのブラリ一人旅(丹後LEGEND of sevens Princess~小野小町公園)

 これは、2016年9月にSeesaa ブログに投稿したものです。
 お盆休みの中の1日、予てより訪ねたいと思っていた、丹後七姫伝説の地を周って来ました。
 お盆に廻ったのに、お菊ネタの投稿で9月に入ってしまいました。   
 先ず、やって来たのは京丹後市大宮町の小町公園です。
 小野小町は、世界三大美女の一人とされていますが、それは、日本だけの話の様で、世界的にはクレオパトラ、楊貴妃、ヘレネとなるそうです。ヘレネは、トロイア戦争の英雄詩に出て来る架空の女性らしいです。
 日本で小野小町が何故三大美女の一人に挙げられたのは、彼女が優れた歌人で、教養、気品にあふれた女性であった事から、日本ではヘレネに代わって小野小町が挙げられているのでしょう。 
 大宮町は、小野小町が晩年を過ごした地とされています。しかし、調べてみると、全国各地に小町伝説があるようです。只、各地の伝説を調べると、お菊伝説の様になってしまい、限が有りません。羽衣や乙姫伝説以外の7姫達も、各地に同じような伝説が有りそうです。
 大宮町の、小町伝説では、平安時代の歌人小野小町は深草少将の求愛に耐え兼ね、都から姿を消すため旅に出ます。そして、大宮町五十河で上田甚兵衛と出会い晩年を過ごしました。再び、旅立つ途中、腹痛に見舞われ、甚兵衛の看病も空しくこの世を去ったと伝えられます。
小町の墓です
 墓の側には、薬師堂が有りました。地域のお堂の様です。
 墓碑の反対側には、小町の舎が有ります。小町にまつわる展示館の様です。池越しの能舞台になっています。






 小町の舎内部には、小町のブロンズ像や展示室が有りますが、この日は休館でした。このような施設で、お盆に休館と言うのはチョット・・・ 
 小町の舎の上の横の階段を登って行くと。
 イベント広場になっています。石垣の上は芝生広場に成っていて、周りは、木造回廊に成っています。
 イベント広場の奥には展望台が有ります。山が近過ぎて、絶景とは行きませんでした。
 展望台から降りてきました。田舎家風の喫茶店には、こんな看板も?三重?そういえば三重にも小町伝説があるようです。
 店の御主人にガラシャ墓碑の場所を聞いて公園を後にしましたが・・・。
 文章の中に、お菊伝説と言うのが出て来ますが、これは、小町公園に訪れる半月程前に姫路のお菊神社に行きお菊伝説についてブログを書いていました。お菊伝説についてもおりをみてWordPressで公開したいと思います。

オッサンのブラリ一人旅(丹後LEGEND of sevens Princess 浦島神社)

 丹後LEGEND of sevens Princess(丹後七姫伝説)は、3年前の夏から秋にかけてSeesaa ブログで公開していたものです。
 七姫縁の場所を回ってひと段落と言った感じだったのですが、最近、伊根の浦島神社が紹介され行かねばなるまいと思い立ち、立春後の最強寒波の中尋ねました。
 天橋立から伊根へ向かう海岸線、至る処で工事が行われており信号待ちの間に宮津湾の景色を納めてみました。
 工事区間を終えて国道178をしばらく走ると、浦島神社の手前に、駐車スペースが有ります。そこから見えるのは伊根の、布引の滝です。こちらも最近テレビなどで紹介されています。
 この滝は、落差が100mもある滝で、その水流の様は見事で布を垂らしたように美しい事から布引の滝と呼ばれているのですが、山の山頂にあるため雪解けの時期か降雨時にしか水が落ちるところを見ることが出来ないため幻の滝と呼ばれています。今回も残念ながら水は流れていませんでした。
 布引の滝は各地に有ります。ネットで検索しても、なかなか伊根の滝にはヒットしません。布引の滝の前に伊根を入れるとヒットしやすい様です。
 布引の滝から直ぐに、浦島公園が有ります。公園の横が、浦島神社への参道となっています。
 浦島神社は、宇良神社とも呼ばれ浦島伝説が伝わる神社です。創祀年代は平安時代とされています。
 祭神は浦島子とされ、浦島子とは浦島太郎の事になります。その浦島子を筒川大明神本殿として祀っています。 
 拝殿と本殿です。残念ながら工事中の様で、シートに覆われていました。
 境内社が、この規模の神社にしては少ないように思われます、蓬山(とこよ)の庭にもお社は有ってのですが、庭に入るのが憚られました。
 蓬山(とこよ)と言うのは、竜宮城の事であろうと思われます。伝説では浦島子が神女に誘われ海の彼方蓬山(とこよ)に渡りおよそ350年後に帰って来たと伝えられます。
 その蓬山(とこよ)の庭ともう一つの摂末社です。
 伊根には、浦島伝説にまつわる、神社や旧跡が他にも結構あるようですが。一度に回り切れるものではありません。幾度も足を運ぶことになるのでしょう。
 Seesaa で以前公開した、丹後LEGEND of sevens Princess(丹後七姫伝説)を随時WordPressで、投稿してゆきたいと思っています。