オッサンの競馬予想(ヴィクトリアマイル 2020)



 5月10日のNHKマイルカップは、9番人気の11ラウダシオンが序盤から1番人気(更新時は2番人気)の3レシステンシアと共にレースを引っ張り、最後の直線でリードを奪いゴールしました。2着は惜しくも競り負けた3レシステンシアとなり、3着には前の2頭を追走していた6番人気6ギルデッドミラーが入りました。11ラウダシオンに関しては、ひょっとしてという感じは有りましたが、印を付ける所迄はなりませんでした。仮にチェックをしていても、本命、対抗に挙げていた、◎17サトノインプレッサ〇14ルフトシュトロームが馬群に沈んでしまっては、どうしようもありません。結局は軸馬が期待通りの走りをしなかったという感じです。



 5月17日はヴィクトリアマイルです。
 ヴィクトリアマイルは従来、牝馬を早期に引退させて子供を産ますべきと考えられており、古馬牝馬の目標となるレースが長らく有りませんでしたが、秋のエリザベス女王杯が1996年から3歳以上牝馬のGⅠ競争となり、10年後、古馬牝馬の春のチャンピオンレースとして2006年にヴィクトリアマイルとして創設されました。
 その、ヴィクトリアマイルは5月17日に東京競馬場で行われます。
 過去の傾向と対策です。
 人気別の成績です。
  • 1番人気 1着 3回 2着 4回 3着 0回 
  • 2番人気 1着 2回 2着 0回 3着 1回 
  • 3番人気 1着 0回 2着 2回 3着 2回 
  • 4番人気 1着 1回 2着 1回 3着 2回 
  • 5番人気 1着 3回 2着 1回 3着 1回 
  • 6番人気 1着 1回 2着 0回 3着 1回 
  • 7番人気 1着 1回 2着 1回 3着 3回 
 1番人気の信頼度は勝率が21%とかなり低く、馬券率でも50%となっています。2桁人気でもかなりの確率で馬券に絡んでいますので、難解なレースと言えるでしょう。
 前走成績でも、2桁着順の馬が勝ったり、連に絡んだりしています。牡馬との対戦の場合も有りますので前走惨敗しても一概に言えないかもしれません。
 前走レースでは、サンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークス(GII)読売マイラーズカップ(GII)ローレル競馬場賞中山牝馬ステークス(GIII)からの出走が複数回勝っています。
 馬齢的には、4歳馬と5歳馬が中心となります。



 さて、予想です。
 人気上位馬から。
  • 1番人気 12 アーモンドアイ
  • 2番人気 1 ラヴズオンリーユー
  • 3番人気 18 サウンドキアラ
  • 4番人気 5 プリモシーン
  • 5番人気 14 スカーレットカラー
  • 6番人気 16 ノームコア
  • 7番人気 7 ダノンファンタジー
 1番人気は12アーモンドアイです。力的にも、実績から行っても1番人気は揺ぎ無いでしょう。前走が有馬記念9着と言う成績ですが、ヴィクトリアマイルは前走2桁着順でも勝ち馬が出ていますので、殆ど関係ないのか?と思います。間隔が空き過ぎているのが不安材料ですが、GⅠしか走らない馬ですので、心配は無いでしょう。
 2番人気の1ラヴズオンリーユーは、ここ迄5戦4勝、3着1回と言う戦績で、去年のオークス馬です。前走がエリザベス女王杯(GI)3着ですので、こちらも間隔が不安材料となります。
 3番人気が18サウンドキアラ、阪神牝馬ステークス(GII)を勝っての出走です。今年に入って重賞3連勝しています。勢いは有るかも知れません。
 4番人気5プリモシーンですが、ダービー卿チャレンジトロフィー(GIII)5着からの出走です。
 5番人気は14スカーレットカラー、阪神牝馬ステークス(GII)2着馬です。
 6番人気の16ノームコアは去年のヴィクトリアマイル覇者です。前走高松宮記念(GI)15着と言うのが不安です。
 7番人気が7ダノンファンタジーもGⅠ馬です。力的にも、実績から考えても、7番人気に甘んじる馬ではないと思うのですが…
 買い目は、◎12アーモンドアイ〇1ラヴズオンリーユー▲18サウンドキアラ△7ダノンファンタジー、16ノームコアとしました。勝ち馬は◎12アーモンドアイ〇1ラヴズオンリーユー▲18サウンドキアラの中から出るのではないか?と思います。これに下位にからどの馬が絡んでくるのか?が問題となるでしょう。



オッサンの競馬予想(オークス 2019)

 先週のヴィクトリアマイルは、5番人気の4ノームコアが最後の直線で、馬群から抜け出て勝ちました。2着には、本命に推していた4番人気(更新時は2番人気)の9プリモシーンが入りました。これで一応馬連は的中したことになります。3着には11番人気の3クロコスミアが入りました。今年も、2桁人気の馬が馬券に絡んできました。配当は3連単で175040円と思ったほどの高配当ではありませんでした。
 5月19日はオークスです。
 オークスは優駿牝馬が正式名称で、1965年から福称としてオークスの名が付きました。オークはOak=樫の木の意味で、日本では優勝馬を「樫の女王」と称することもあります。創設は、1938年阪神競馬場,で行われ、1946年から東京競馬場に移り、1953年秋から春に開催時期が変更されました。桜花賞が最もスピードのある繁殖牝馬を選ぶのに対し、オークスはスピードとスタミナを兼ね備えた繁殖牝馬を選ぶレースです。創設当時は、芝2700mで行われていましたが、1943年から2400mで行われています。
 そのオークスは5月19日東京競馬場で行われます。
 過去の傾向です。
 人気別の成績から。
  • 1番人気 1着11回 2着 7回 3着 3回 
  • 2番人気 1着 4回 2着 5回 3着 7回 
  • 3番人気 1着 4回 2着 1回 3着 5回 
  • 4番人気 1着 4回 2着 4回 3着 4回
  • 5番人気 1着 3回 2着 5回 3着 2回 
  • 6番人気 1着 1回 2着 3回 3着 1回 
  • 7番人気 1着 3回 2着 0回 3着 3回 
  • 8番人気 1着 0回 2着 1回 3着 3回
  • 9番人気 1着 1回 2着 1回 3着 2回 
  • 10番人気 1着 2回 2着 1回 3着 0回 
 1番人気の信頼度は勝率で34&と平均的な数字です。馬券率となると、3分の2が馬券に絡んでいますので、1番人気を軸にするのは手堅い考え方だと思います。
 2番人気以降は、7番人気迄が、勝率で10%前後の成績です。馬連、馬単なら1番人気を軸に流すのが良いでしょう。3連なら2番人気が馬券率50%ですので1番、2番人気を軸にすると、一番的中確率が良いと思います。
 コース的には、6枠を走る馬が、分が悪いのか?と思われます。
 前走成績では、勝ち馬で6着以内、連対なら7着当たり迄可能性が有りますが、3着になると2桁着順でも来ています。
 前走レースは桜花賞(GI)組が圧倒的に強い様です。勝ち馬の3分の2が桜花賞(GI)を走っています。それに続くのが忘れな草賞とサンケイスポーツ賞フローラステークス(GII)が各4勝しています。とくにサンケイスポーツ賞フローラステークス(GII)組は2着に10回、3着にも10回入っています。この3レースで馬券を決めて行くのが良いのでは?と考えます。
 予想です。
 人気上位馬です。
  • 1番人気 2 クロノジェネシス
  • 2番人気 13 ラヴズオンリーユー
  • 3番人気 3 コントラチェック
  • 4番人気 8 ダノンファンタジー
  • 5番人気 11 シゲルピンクダイヤ
  • 6番人気 7 シャドウディーヴァ
  • 7番人気 12 ウィクトーリア
  • 8番人気 16 ビーチサンバ
  • 9番人気 5 エールヴォア
  • 10番人気 4 シェーングランツ
 1番人気は2クロノジェネシス、桜花賞(GI)3着馬です。出走メンバーの中では一番力が有りそうです。
 2番人気が13ラヴズオンリーユー、忘れな草賞1着馬、ここまで無敗で来ています。
 3番人気3コントラチェックはフラワーカップ(GIII)の勝ち馬でここまで馬券を外した事が有りません。
 4番人気の8ダノンファンタジーは出走馬唯一のGⅠ馬です。桜花賞(GI)は1番人気で4着地力は有ります。
 5番人気は11シゲルピンクダイヤです。桜花賞(GI)では7番人気で2着と健闘しました。
 6番人気が7シャドウディーヴァ、サンケイスポーツ賞フローラステークス(GII)2着馬、ここ迄1勝しかしていないのが気になります。
 7番人気12ウィクトーリアはサンケイスポーツ賞フローラステークス(GII)1着馬です。5回走って3勝していますが、2回は馬券を外しています。嵌れば大穴もあるかも知れません。
 8番人気の16ビーチサンバも桜花賞(GI)組です、掲示板は確保しています。
 9番人気は5エールヴォアです。桜花賞(GI)7着ですが連に絡む可能性は有ります。
 10番人気が4シェーングランツ、桜花賞(GI)9着で、ここ3走馬券から外れています。
 予想としては、◎2クロノジェネシス○8ダノンファンタジー▲13ラヴズオンリーユー△3コントラチェック、11シゲルピンクダイヤとしました。人気上位馬で固まってしまいました。本命は力的にも2クロノジェネシスを選びました。対抗馬は、桜花賞(GI)1番人気の8ダノンファンタジーで、リベンジを期待しました。13ラヴズオンリーユーは本命、対抗とまでは行きませんでした。
 桜花賞(GI)を制したグランアレグリアがNHKマイルカップに行き、オークスは出走しないのが寂しい限りです。 

オッサンの競馬予想(ヴィクトリアマイル 2019)

 先週のNHKマイルカップは2番人気の17アドマイヤマーズが序盤に中段に位置取りをし、最後の直線で外から一気に捲り勝ちました。2着には17アドマイヤマーズに追走するように14番人気の18ケイデンスコールが続きます。3着には7番人気10カテドラルが入りました。やはり、NHKマイルカップは有れるレースですね。今回も3連単で41万馬券となりました。
 1番人気の7グランアレグリアは序盤から好位置をキープしていたのですが伸びきる事が出来ず、4着から進路妨害の為5着に降着しました。更に騎乗のC.ルメールは16日間の騎乗停止となりました。これにより、今後の予想に影響を及ぼすことになりそうです。
 5月12日は、ヴィクトリアマイルです。春に古牝馬のGⅠレースが無かった事から2006年に新設されたレースです。以前は優秀な牝馬は早く引退させ繁殖させるべきという考えでしたが、秋のエリザベス女王杯が3歳以上牝馬のGⅠとして行われるようになり、牝馬の競走馬としての寿命も延びた事からヴィクトリアマイルが生まれました。
 過去13回のレースで、3連単100万越えが2回、10万越えが3回、5万越えが4回と高額配当が高確率で出ています。逆に言えば的中させるのが難しいレースとも言えるでしょう。そのヴィクトリアマイルは5月12日東京競馬場で行われます。
 過去の傾向です。
 人気別の成績から。
  • 1番人気 1着 3回 2着 4回 3着 0回 
  • 2番人気 1着 2回 2着 0回 3着 Ⅰ回 
  • 3番人気 1着 0回 2着 2回 3着 2回 
  • 4番人気 1着 1回 2着 0回 3着 2回 
  • 5番人気 1着 2回 2着 1回 3着 1回 
  • 6番人気 1着 1回 2着 0回 3着 1回 
  • 7番人気 1着 1回 2着 1回 3着 3回 
 1番人気の信頼度は勝率25%とかなり低いものとなっています。2桁人気も2度勝っています。18番人気の馬も1度3着に入っていますが、これは稀なケースととらえて良いでしょう。今までのケースで云うと、12番人気迄で馬券を構成することになります。
 前走レースでは、サンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークス(GII)組がダントツの成績です。1着5回、2着6回、3着4回となっています。他には読売マイラーズカップ(GII)が2勝しています。サンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークス(GII)からの馬がポイントUPと見るのが良いのか?と思います。
 馬齢的には、勝ち馬は4歳5歳、馬券で6歳迄に絞ると少しは、投資額が減るでしょう。
 さて予想です。
 先ずは人気上位馬。
  • 1番人気 6 ラッキーライラック
  • 2番人気 9 プリモシーン
  • 3番人気 11 アエロリット
  • 4番人気 2 レッドオルガ
  • 5番人気 4 ノームコア
  • 6番人気 7 ミッキーチャーム
  • 7番人気 15 カンタービレ
 1番人気は6ラッキーライラックです。アーモンドアイの陰に隠れていますが、アーモンドアイが居なければクラシック3冠も夢ではなかった馬です。サンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークス(GII)は8着と惨敗しましたが、出走馬の中では№1のちからを持っています。
 2番人気9プリモシーンはダービー卿チャレンジトロフィー(GIII)で3番人気の2着牝馬の中ではトップの順位でした。
 3番人気が11アエロリット海外遠征後初のレースです。
 4番人気の2レッドオルガは最近1レース置きに馬券に絡んでいます。今回は馬券に絡む順番です。
 5番人気は4ノームコアです。ローレル競馬場賞中山牝馬ステークス(GIII)7着ながら1番人気でした。
 6番人気7ミッキーチャームはサンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークス(GII)の勝ち馬です。もっと人気を集めても良さそうだと思います。
 7番人気の15カンタービレ、2戦続けて掲示板を外しています。
 予想としては◎9プリモシーン○7ミッキーチャーム▲6ラッキーライラック△11アエロリット、2レッドオルガ、4ノームコアと言ったところです。◎9プリモシーン○7ミッキーチャーム▲6ラッキーライラックは前走成績や、実績で選びました。しかし△印の3頭は全て不安が残ります。◎9プリモシーン○7ミッキーチャーム▲6ラッキーライラックの中から軸を決め流すのが良いと思います。