オッサンの競馬予想(NHKマイルカップ 2020)



 5月3日の天皇賞は1番人気14フィエールマンが最後の直線で、11番人気6スティッフェリオとのデッドヒートを制し鼻差でゴールしました。2着は、最後の直線で真ん中から一旦は先頭に立った、まさかの11番人気スティッフェリオが入りました。3着には、終盤14フィエールマンを追走した4番人気5ミッキースワローが入りました。
 対抗に挙げていた2番人気7ユーキャンスマイルも最後、内からスパートしたのですが途中で失速4着に終わり、▲印の7番人気(更新時は6番人気)3トーセンカンビーナも最後方から追い上げを見せましたが伸びずに5着となりました。結局4枠の2頭に邪魔をされた形になってしまいました。



 5月10日はNHKマイルカップです。
 NHKマイルカップは、創設当時はNHK杯と言いダービーのトライアルレースとして行われましたが、NHKマイルカップとなりクラッシックに出走できない外国産馬や、短距離適性の有る馬の目的となるレースとして生まれ変わりました。とは言え此処からダービーを制した馬もいます。
 そのNHKマイルカップは5月10日に東京競馬場で、行われます。
 過去の傾向と対策です。
 人気別の成績です。
  • 1番人気 1着 10回 2着 1回 3着 2回 
  • 2番人気 1着 4回 2着 6回 3着 1回 
  • 3番人気 1着 2回 2着 2回 3着 3回 
  • 4番人気 1着 2回 2着 2回 3着 2回 
  • 5番人気 1着 0回 2着 5回 3着 1回 
  • 6番人気 1着 2回 2着 2回 3着 3回 
  • 7番人気 1着 0回 2着 0回 3着 2回 
  • 8番人気 1着 0回 2着 0回 3着 1回 
  • 9番人気 1着 1回 2着 1回 3着 1回
  • 10番人気 1着 2回 2着 1回 3着 0回 
 1番人気の信頼度は勝率42%と高いのですが、2着、3着に入る確率がそんなに高く有りません。極端に言えば1着固定で1着を逃せば当てにならない感じです。勝ち馬の内2度10番人気が来ています。その辺り迄1着の可能性があるという事です。
 コース的には、24回しか行われていませんので、勝ち鞍の無いコースでも未だ分からないという感じです。
 前走成績でも、下位に沈んだ馬が馬券に絡んで来たりと、的中させるのはなかなか難解なレースとなっています。
 前走レースでは、ニュージーランドトロフィー(GII)組が9勝、毎日杯(GIII)組が6勝しています。更に桜花賞からも4勝、皐月賞からも2勝しています。



 さて、予想です。
 先ずは、人気上位馬から。
  • 1番人気 17 サトノインプレッサ
  • 2番人気 3 レシステンシア
  • 3番人気 2 タイセイビジョン
  • 4番人気 14 ルフトシュトローム
  • 5番人気 8 サクセッション
  • 6番人気 6 ギルデッドミラー
  • 7番人気 5 シャインガーネット
 1番人気は17サトノインプレッサ、新馬戦から3連勝毎日杯(GIII)を勝っての出走です。
 2番人気の3レシステンシアは桜花賞2着からオークスを回避してのNHKマイルです。
 3番人気が2タイセイビジョンです。連勝率100%でアーリントンカップ(GIII)を勝っての出走です。
 4番人気14ルフトシュトロームも3戦全勝で、ニュージーランドトロフィー(GII)に勝ってのNHKマイルです。
 5番人気は8サクセッション、5戦3勝3着1回、前走フジテレビ賞スプリングステークス(GII)3着で来ています。
 6番人気の6ギルデッドミラーはアーリントンカップ(GIII)2着からの参戦です。
 7番人気が5シャインガーネットです。4戦3勝中日スポーツ賞ファルコンステークス(GIII)1着からの出走です。
 買い目としては、◎17サトノインプレッサ〇14ルフトシュトローム▲2タイセイビジョン、3レシステンシア△5シャインガーネット、6ギルデッドミラーとなりました。2桁人気でも1着の可能性は高いのですが、そこまで考えているときりが有りませんので、結局上位人気で固まってしまいました、



オッサンの競馬予想(NHKマイルC 2019)

 先週の、天皇賞春は1番人気の10フィエールマンが6番人気7グローリーヴェイズとのデッドヒートを制して勝ちました。2着は7グローリーヴェイズで、3着が何と7歳馬8番人気(更新時7番人気)の8パフォーマプロミスが入りました。
 本命に挙げた2番人気2エタリオウは最後方からの競馬となりました。なかなか前には行かず終盤ようやく上がってきましたが最後8パフォーマプロミスとの叩き合いでかわされてしまいました。もう少し早く動いて居れば展開は違ったのか?と思いました。しかし8パフォーマプロミスを捉えた時はこれで3着には入ると思ったのですが、7歳馬にあそこで・・・という気持ちです。久しぶりに馬券を購入したのですが、大惨敗です。
 5月5日子供の日、NHKマイルカップです。
 このレースから、5週連続で東京競馬場のGⅠが開催されます。
 NHKマイルカップは、以前NHK杯称しダービーのトライアルレースとして行われていましたが、クラッシック競争に出走できない4歳馬(現3歳馬)にも目標となるGⅠを創設しようと考えられ、NHK杯がNHKマイルカップと生まれ変わりました。とは言えこのレースからもダービーが生まれています。
 そのNHKマイルカップは5月5日東京競馬場で行われます。
 過去の傾向です。
 人気別の成績です。
  • 1番人気 1着 10回 2着 1回 3着 2回 
  • 2番人気 1着 3回 2着 6回 3着 1回 
  • 3番人気 1着 2回 2着 2回 3着 3回 
  • 4番人気 1着 2回 2着 2回 3着 2回 
  • 5番人気 1着 0回 2着 5回 3着 1回 
  • 6番人気 1着 2回 2着 2回 3着 3回 
  • 7番人気 1着 0回 2着 0回 3着 1回 
  • 8番人気 1着 0回 2着 0回 3着 1回 
  • 9番人気 1着 1回 2着 1回 3着 Ⅰ回 
  • 10番人気 1着 2回 2着 1回 3着 0回 
 1番人気の信頼度は勝率43%とかなり高いのですが、2着1回3着2回と、勝てない場合馬券に絡む確率が下がってしまいます。となれば1番人気は1着固定でも良いのかも知れません。10番人気辺りまで勝つ可能性が有りますので、なかなか充てるのは難しいレースと言えるでしょう。3着となれば2桁人気でも8回入っています。
 コース別では、内、外を走る馬より真ん中のコースを走る馬が有利な様に思えます。
 前走成績でも、人気薄が多く馬券に絡むことから8着以内なら可能性が有ると考えなければなりません。
 前走レースでは、ニュージーランドトロフィー(GII)組が9勝、毎日杯(GIII)組が6勝、桜花賞(GI)組が4勝と、この3レースから勝ち馬の8割が出ています。2着になると、フジテレビ賞スプリングステークス(GII)までは広げなければなりません。3着は何処から出走する馬が入るか?考えない方が良いでしょう。
 絞り込むとすれば、前走重賞を走り、1600か1800で勝ち鞍が有る馬が良いのでは?と考えます。
 さて、予想です。
 人気上位馬から、
  • 1番人気 7 グランアレグリア
  • 2番人気 17 アドマイヤマーズ
  • 3番人気 3 ダノンチェイサー
  • 4番人気 15 ヴィッテルスバッハ
  • 5番人気 6 グルーヴィット
  • 6番人気 13 ファンタジスト
  • 7番人気 10 カテドラル
  • 8番人気 8 ヴァルディゼール
  • 9番人気 12 ワイドファラオ
  • 10番人気 14 ハッピーアワー
 1番人気は7グランアレグリア、桜花賞馬がまさかの出走です。しかし出走レース全てがマイル戦で3勝3着1回、鞍上もずっと乗っているC.ルメールです。不安材料はないと思います。
 2番人気が17アドマイヤマーズ皐月賞(GI)は4着でしたが、マイルでは、未だに負け知らず、です。鞍上もM.デムーロ。7グランアレグリアと共に2強といっても良いでしょう。
 3番人気の3ダノンチェイサーはきさらぎ賞(GIII)からの出走です。きさらぎ賞(GIII)からは未だ馬券に絡んでいませんが、距離適性は有ると思われます。
 4番人気15ヴィッテルスバッハはニュージーランドトロフィー(GII)組です。前走3着でしたが、距離適性は十分あります。
 5番人気は6グルーヴィットです。此処迄連対率10割ですが、マイル以上の距離を走った経験がありません。
 6番人気の13ファンタジストは皐月賞(GI)で13着と惨敗しましたが、フジテレビ賞スプリングステークス(GII)で2着に入っていますし、1400でも勝っています。
 7番人気が10カテドラル、アーリントンカップ(GIII)2着です。
 8番人気8ヴァルディゼールはアーリントンカップ(GIII)8着でしたがマイル戦は2勝しています。
 9番人気は12ワイドファラオも連対率10割です。しかもニュージーランドトロフィー(GII)1着です。何故、9番人気なのか?狙い目だと思います。
 10番人気の14ハッピーアワーは中日スポーツ賞ファルコンステークス(GIII)で勝っています。
 予想としては◎7グランアレグリア○17アドマイヤマーズ▲12ワイドファラオ△3ダノンチェイサー、15ヴィッテルスバッハ、8ヴァルディゼールといった感じです。1番人気7グランアレグリアを軸にするなら1着固定でも良いでしょう。また1着固定にしないのなら思い切って外すと投資額を抑えられて、高配当が期待できるかもしれません。