オッサンのブラリ一人旅(法道仙人の足跡を行く 丹波もみじめぐり 五大山白毫寺)



  システムの更新時に不具合が起こり暫くこちらでブログの投稿が出来ませんでした。



 今年の紅葉見物は、丹波三山を回ろうと考えていたのですが、調べてみると丹波市と観光協会が丹波もみじめぐりを企画していました。
 もみじめぐりは十のお寺、高源寺・円通寺・岩瀧寺・達身寺・高山寺・白毫寺・石龕寺・小新屋観音・慧日寺・三寶寺・の紅葉見て回る企画です。
 これは全て廻らねばなるまい!と思い立ちました。



 何処から廻ろうか?まずはコースから一番外れている白毫寺から
 未だ早いだろうと思いつつもそれなりに色付いていました。
 参道には、七福神が鎮座しています。丹波七福神を丹波地方では企画しているようです。白毫寺は布袋尊を祀っているようです。
 白毫寺は藤の名所でも有るそうで、九尺藤と呼ばれています。その事から参道には孔雀が飼われています。
 山門まで来ました。
 白毫寺は、705年法道仙人の開基により創建された天台宗のお寺です。
 山号の五大山は、周囲の山並みが唐の五台山に似ていることから命名されました。
 ご本尊の薬師瑠璃光如来は眉間の白毫から瑠光を放っていたため白毫寺と言われたという説があるようです。
 回向本堂です。此処には、薬師如来、日光菩薩、月光菩薩が祀られています。
 回向本堂の両脇には、ぼけ除け地蔵尊と楽寿観音が鎮座しています。
 楽寿観音です。
 本堂の奥から、山の方には、「十三仏」が建立されています。
 十三仏は人が亡くなった後、13回の審理が行われ、その審理を助け浄土に導くのが十三仏と云われています。
 十三仏の1体です。
 十三仏の反対側には、藤棚が有ります。春には九尺藤が咲き誇ります。
 参道迄戻って来ました。参道沿いに池が有り心字池と言います。
 心字池には太鼓橋が架かっています。この世と仏の世界をつなぐ橋とされています。
 構築時期は、江戸時代元禄年間とされています。
 太鼓橋を渡り奥へ進むと、薬師堂が有ります。総本堂と呼ばれ、ここが本当の本堂です。此処に薬師瑠璃光如来が納められています。
 薬師堂の裏には石段が有り、上がっていくと熊野神社が有ります。
 天正年間、白毫寺背山で和歌山熊野の橋爪一族が銅鉱採掘に当たっており、作業の安全の為熊野三山の祭神を祀ったそうです。
 心字池の紅葉です。
 回向本堂にお参りした後、寺務所で御朱印を頂きました。その時、お寺、あるある敷地内にお社が有る事を訪ねてみました。明治維新の神仏分離令でお寺に神様を祀る事は一部の例外を除いては許されていないのですが、言われる事には、そんなに大きなお社でもないし、極端に言えばバレなければ良いと言う物でした。大体そんな事だろうと思いますが、本当のところはどうなのでしょうか?
 白毫寺の御朱印です。
 白毫寺を含め丹波地方の古寺は、戦国時代に明智光秀の丹波攻めでその多くが焼失しましたが、白毫寺は天正年間中興されました。



オッサンの競馬予想(ヴィクトリアマイル 2019)

 先週のNHKマイルカップは2番人気の17アドマイヤマーズが序盤に中段に位置取りをし、最後の直線で外から一気に捲り勝ちました。2着には17アドマイヤマーズに追走するように14番人気の18ケイデンスコールが続きます。3着には7番人気10カテドラルが入りました。やはり、NHKマイルカップは有れるレースですね。今回も3連単で41万馬券となりました。
 1番人気の7グランアレグリアは序盤から好位置をキープしていたのですが伸びきる事が出来ず、4着から進路妨害の為5着に降着しました。更に騎乗のC.ルメールは16日間の騎乗停止となりました。これにより、今後の予想に影響を及ぼすことになりそうです。
 5月12日は、ヴィクトリアマイルです。春に古牝馬のGⅠレースが無かった事から2006年に新設されたレースです。以前は優秀な牝馬は早く引退させ繁殖させるべきという考えでしたが、秋のエリザベス女王杯が3歳以上牝馬のGⅠとして行われるようになり、牝馬の競走馬としての寿命も延びた事からヴィクトリアマイルが生まれました。
 過去13回のレースで、3連単100万越えが2回、10万越えが3回、5万越えが4回と高額配当が高確率で出ています。逆に言えば的中させるのが難しいレースとも言えるでしょう。そのヴィクトリアマイルは5月12日東京競馬場で行われます。
 過去の傾向です。
 人気別の成績から。
  • 1番人気 1着 3回 2着 4回 3着 0回 
  • 2番人気 1着 2回 2着 0回 3着 Ⅰ回 
  • 3番人気 1着 0回 2着 2回 3着 2回 
  • 4番人気 1着 1回 2着 0回 3着 2回 
  • 5番人気 1着 2回 2着 1回 3着 1回 
  • 6番人気 1着 1回 2着 0回 3着 1回 
  • 7番人気 1着 1回 2着 1回 3着 3回 
 1番人気の信頼度は勝率25%とかなり低いものとなっています。2桁人気も2度勝っています。18番人気の馬も1度3着に入っていますが、これは稀なケースととらえて良いでしょう。今までのケースで云うと、12番人気迄で馬券を構成することになります。
 前走レースでは、サンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークス(GII)組がダントツの成績です。1着5回、2着6回、3着4回となっています。他には読売マイラーズカップ(GII)が2勝しています。サンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークス(GII)からの馬がポイントUPと見るのが良いのか?と思います。
 馬齢的には、勝ち馬は4歳5歳、馬券で6歳迄に絞ると少しは、投資額が減るでしょう。
 さて予想です。
 先ずは人気上位馬。
  • 1番人気 6 ラッキーライラック
  • 2番人気 9 プリモシーン
  • 3番人気 11 アエロリット
  • 4番人気 2 レッドオルガ
  • 5番人気 4 ノームコア
  • 6番人気 7 ミッキーチャーム
  • 7番人気 15 カンタービレ
 1番人気は6ラッキーライラックです。アーモンドアイの陰に隠れていますが、アーモンドアイが居なければクラシック3冠も夢ではなかった馬です。サンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークス(GII)は8着と惨敗しましたが、出走馬の中では№1のちからを持っています。
 2番人気9プリモシーンはダービー卿チャレンジトロフィー(GIII)で3番人気の2着牝馬の中ではトップの順位でした。
 3番人気が11アエロリット海外遠征後初のレースです。
 4番人気の2レッドオルガは最近1レース置きに馬券に絡んでいます。今回は馬券に絡む順番です。
 5番人気は4ノームコアです。ローレル競馬場賞中山牝馬ステークス(GIII)7着ながら1番人気でした。
 6番人気7ミッキーチャームはサンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークス(GII)の勝ち馬です。もっと人気を集めても良さそうだと思います。
 7番人気の15カンタービレ、2戦続けて掲示板を外しています。
 予想としては◎9プリモシーン○7ミッキーチャーム▲6ラッキーライラック△11アエロリット、2レッドオルガ、4ノームコアと言ったところです。◎9プリモシーン○7ミッキーチャーム▲6ラッキーライラックは前走成績や、実績で選びました。しかし△印の3頭は全て不安が残ります。◎9プリモシーン○7ミッキーチャーム▲6ラッキーライラックの中から軸を決め流すのが良いと思います。

オッサンのブラリ一人旅(丹後LEGEND of sevens Princess 静神社)

 これは、2016年9月、Seesaa ブログに投稿したものです。
 丹後七姫伝説、今回は、静神社です。
 ガラシャの里を後にして、間人を経由して海岸線を走ります。
 眼下には、青い夏の海が広がります。
 静神社は、網野町市街を抜けて、暫く走った所にあります。
 静御前は、1165年にこの地に生まれた、とされます。これは、他の土地で生まれたと言う説は有りませんでしたので、かなり有力だと考えます。
 静御前の母親は、京で公家を相手に白拍子を斡旋していたと言われており、静御前も生後は都に住んでいたと思われます。
 白拍子とは、水干や烏帽子、刀などを身に着け舞を舞う女性で、遊女としての一面も有ったそうです。当然、静も白拍子として成長します。
 伝説では、ある年、干ばつが続き後白河法皇は100人の白拍子に「雨乞いの舞」を舞わせます。しかし、99人舞っても、雨が降りません。そして、100人目静御前が舞うと、3日間雨が降り続いたそうです。その後、住吉での雨乞いの際に義経に気に入られ、愛人になったそうです。源平合戦後、兄の頼朝と対立した義経が都落ちし九州に向かう際、同行しますが、吉野で義経と分かれ京へ向かいますが、途中捕らえられ北条時政に引き渡された後、鎌倉に送られます。鎌倉で、頼朝から舞を命ぜられた静は義経を慕う歌を歌い、頼朝を激怒させますが北条政子の取り成しで命を救われました。このとき静は義経の子を身ごもっており、男子を産みますが、赤子は取り上げられ、鎌倉の由比ガ浜に沈められます。その後静は京に返されましたが、そこからの消息は不明となっています。その為、全国に、静御前の墓があるようです。
 国道の際からの、階段を登ると静神社が有ります。神社と言っても、祠があるだけです。1782年に火災で焼失し、元の位置から200m西の場所に再建され、静御前の木像が祀られているだけだそうで、ご神体も無いようです。地域の氏神様までも行っていないようです。
 水仙は、静御前をイメージした花だそうです。境内からの景色を説明した看板も。
 境内の脇に、展望台へ上がる階段が・・・しかし、上がってみると雑木林が広がっていました。  
 辺りを見回して見ると、下り階段が有りました、階段を下った所に展望台が有ります。しかし、前方の木々が邪魔で折角の景色が見えません。展望愛の整備が望まれます。
 神社から400mほど東に行った所に、静御前生誕の地の碑が建っています。民家の軒を通って行きます。
 碑のある場所からは、絶景が広がります。
 静神社と言えば、茨城県の静神社が有名です。しかし茨城県の静神社の主祭神は建葉槌命(たけはづちのみこと) - 別名を「倭文神(しどりのかみ)」で、かなり格式のある神社で、静御前とは関係は無い様です。
 この後、児島神社へ向かいますが、その道からも、夏の海が広がります。

オッサンの競馬予想(朝日杯フューチュリティステークス)

 阪神ジュベナイルフィリーズ回想 12月9日の阪神ジュベナイルフィリーズは、1番人気の13ダノンファンタジーが勝ちました。2着が2番人気ここまで無敗の9クロノジェネシスが入りました。9クロノジェネシスは初黒星となりました。3着は4番人気11ビーチサンバと言う結果です。11ビーチサンバも連は外しましたが、馬券率100%は確保しました。 レースは、序盤1ベルスールと5メイショウショウブがレースを引っ張ります。馬券に絡んだ3頭は後方に待機する形となりました。第4コーナを曲がり、直線に差し掛かる処で、13ダノンファンタジーと9クロノジェネシスが大外からスパートします。11ビーチサンバもそれに続きます。そして、そのまま3頭がゴールインとなりました。 これで3週連続1番人気が勝っています。配当も3連単で5020円と面白みの無い結果になってしまいました。 今後ダノンファンタジーとクロノジェネシスを中心にクラッシックまで牝馬戦線は展開して行く事でしょう。
 朝日杯フューチュリティステークス 12月16日は朝日杯フューチュリティです。 朝日杯フューチュリティステークスは1949年、関東地区の3歳(現2歳)チャンピオンを決めるレースとして創設されました。創設時は朝日杯3歳ステークスと言う名称でした。2001年馬齢表記を国際基準に改めたことにより朝日杯フューチュリティステークスとなりました。そして、2013年までは中山競馬場で行われていましたが、翌年から阪神競馬場で行われるようになりました。創設当初は芝の1100mで行われていましたがその後、1200mとなり、現在は1600mのマイル戦となっています。 その朝日杯フューチュリティステークスは12月16日阪神競馬場で行われます。  傾向 さて、過去の傾向と人気馬の成績です。
  • 1番人気 1着 5回 2着 4回 3着 4回
  • 2番人気 1着 5回 2着 2回 3着 2回
  • 3番人気 1着 1回 2着 2回 3着 2回
  • 4番人気 1着 2回 2着 2回 3着 1回
  • 5番人気 1着 1回 2着 2回 3着 3回
  • 6番人気 1着 1回 2着 1回 3着 0回
  • 7番人気 1着 1回 2着 2回 3着 0回 
  • 8番人気 1着 1回 2着 0回 3着 1回 
1番人気の信頼度は勝率が29%と低目ですが馬券率は76%となかなか高い確率です。勝ち馬は8番人気迄で9番人気以降の馬が勝った例は過去17年ありません。更に絞り込むと4番人気迄で8割が決まっています。 コースでは、外側を走る馬が少し不利かと思われます。特に大外が馬券に絡む可能性はかなり低いと思われます。 前走成績では、連に絡まなかった馬は馬券に絡むことも苦しい様です。連を外した馬は外すと良いでしょう。 前走レースでは、東京スポーツ杯2歳ステークス(GIII)と京王杯2歳ステークス(GII)、ベゴニア賞、京都2歳ステークスを走った馬が強いようです。他には勝ち馬こそ出ていませんが、デイリー杯2歳ステークス(GII)からが2着・3着各4頭出ています。前走重賞を走った馬で馬券は固める事になります。  予想� さあ、予想です。 先ずは人気上位馬です。 1番人気は2グランアレグリア、デビューから2戦2勝での出走です。新馬戦では、ダノンファンタジーを破っての2連勝です。鞍上も相性の良いC.ルメールが乗ります。36年ぶりの牝馬勝利を目指します。 2番人気6アドマイヤマーズも無傷の出走です。しかも3戦3勝、騎手も全てのレベルで手綱握っているM.デムーロが乗ります。只、前走デイリー杯2歳ステークス(GII)からの出走です。 3番人気の14ファンタジストも3戦3勝、前走は京王杯2歳ステークス(GII)を勝っています。1番人気で無いのが不思議なくらいです。 4番人気は11ケイデンスコール新潟2歳ステークス(GIII)1着馬です。このレースを走って勝った馬もいますので可能性はあると思います。 5番人気が5マイネルサーパスです。きんもくせい特別を勝っています。 6番人気13ニホンピロヘンソンは2戦2勝、もみじステークスを勝っていますが、もみじステークスからは馬券に絡んだ例はありません。 7番人気は4ドゴール、前走サウジアラビアロイヤルカップ(GIII)2着ですが連帯率は100%を維持しています。 8番人気3アスターペガサスは前走京王杯2歳ステークス(GII)で5着に敗れています。苦しいのではと思います。 予想としては◎14ファンタジスト○6アドマイヤマーズ▲2グランアレグリア△11ケイデンスコール、5マイネルサーパス、4ドゴールとなりました。◎14ファンタジスト○6アドマイヤマーズ▲2グランアレグリアの3頭はどれを本命にするか?悩むところですが、3戦3勝京王杯2歳ステークス(GII)を勝ち騎手もデビューから乗っている武 豊が鞍上します。距離的な不安はありますが他の2頭も何かしらの不安材料があります。此処は3戦3勝と京王杯2歳ステークス(GII)を勝っていることから14ファンタジストを本命にしました。 > 

オッサンの手抜き飯(和風オムレツ?)

これは、約3年前シーサーブログを始めたころに紹介したものですが又、作ってみました。
よく、朝食や昼食に卵を焼きます。フライパンでスクランブルエッグ状態にするのですが、半熟で整えてゆくとなんだかオムレツの様になる事に気づきました。かと言って本格的なオムレツは未だ挑戦したことが無いので、こんなことをしてみました。
出来上がりはこんな感じです。和風オムレツ風卵焼き?

材料は卵と、卵焼きの出汁。市販の出汁ですが何度か使いました、普通の卵焼きの場合は最近、塩のみの味付けで焼いています。


卵は予め割ってカラザを取っておきます。直接フライパンに割り入れるときはこんなことはしませんが、予め割るときは取り省きます。出汁は卵一個に付き一袋だったので今回は3袋使います。出汁を入れて卵を溶いておきます。 出汁は其々工夫すればいいと思います。焼き方だけ変えれば出汁巻や厚焼きになります。

  

熱したフライパンにサラダ油を強いて、卵を流し込みます。あとは普通のオムレツを焼く要領で良いでしょう。ここから先は皆さんの方が上手だと思うので、私よりクオリティの高い物が出来るのではないでしょうか?画像は一人で調理と撮影をしていますので少し卵が固まってしまいました。

 

少し焦げてしまいましたが、中身は半熟で想像どおりの仕上がりです。もうちょっと手際が良ければ、もっとクオリティが高かったと思います。

3年前から思っていたのですが、これに合うソースが無いか?と思い、思いついたのが大根おろしです。オッサンのすることです、わざわざ大根を卸す恥もなく、市販されている大根おろしを使いました。ビジュアル的には、直接料理に掛ければよかったのですが、合うかどうか?分らなかったので、小皿で大根おろしを付けて食べます。結構合いましたよ!

 

焼き上がりは、少し火が通り過ぎたかも知れませんがうまい具合に、半熟に仕上がりました。

これが、出汁でなく牛乳を使えば本格的なオムレツになるのでしょうか?
Seesaaブログには3年前に公開しています。

http://syowyoutei.seesaa.net/

 

 

笑遊亭丹昌です。

こんにちは、笑遊亭丹昌です。
WORDPRESSに初投稿です。
Seesaaブログにも投稿を続けていますが、この度WORDPRESSでもブログを投稿することにしました。その準備の為、8月はSeesaaブログを更新することは出来ませんでした。未だ、固定ページも未完成の部分が有りますが色々手直しを加えながらブログを更新して行きたいと思っています。
Seesaaブログで初投稿をしたときの原稿を見ると、「色々皆さんと勉強しながら社会、政治、経済、スポーツ、エンタメ、旅行、グルメetcをオッサン目線で、感じた事、世の中に言いたい事、役に立つこと、楽しいこと、をアップしていきたいと思います」と書いています。最初の頃は、政治や、社会の事なども書いていましたが、今落ち着いているのが、旅行,競馬、料理あたりがメインになっています。
今後、SeesaaブログでWORDPRESSでの苦労話をアップすると思います。WORDPRESSではSeesaaブログでやっている様な旅行、競馬、料理は続けて行きたいと考えています。
後、動画の投稿や、メルカリ、インスタグラムなどにもチャレンジすることが出来れば良いのですが・・・。
兎に角、アクセス数を少しでもあげていかないといけません。
次回からは、Seesaaと同じように旅行、競馬、旅行を中心としたブログを更新して行きたいと思います。
Seesaaブログにもアクセスしてみてください。http://syowyoutei.seesaa.net/